2008年4月アーカイブ

着物の暑さ対策に「半襦袢」

|

 まだ時々、肌寒い日がありますが、もうすぐ5月。

着物を着ると、汗ばむ季節がやってきます。

 一応、昔からの決まりごとでは、5月は、裏地の付いた着物を着ることになっています。

でも、最近は、暑くなる時期が早まっているので、5月下旬ぐらいから、裏地をつけない

着物(ひとえ仕立て)を着てもよいそうです。

そして、長襦袢もひとえ仕立てのものに着替えます。

 

でも、肌着、長襦袢、着物と3枚重ね着すると暑いし、汗をかく!!

そこで、1枚で肌着と襦袢の役割を果たしてくれる半襦袢がおすすめです。

 

半襦袢は胴部分をサラシで作り、袖はポリエステルの長襦袢地で作るのです。

袖と同じ長襦袢地で裾よけをつくって着ると、二部式の長襦袢のようになりますね。

着物を着てしまえば、普通に長襦袢を着ているように見えるので、俗に「うそつき」

なんて呼ばれてます。

汗をかいても、家で洗濯できる点が便利ですよ。

少しでも快適に、着物生活を楽しみましょう♪

 

嬉しい話

今日、「おかふじのホームページ見ましたよー。」と声を掛けていただきました。

「ホームページの着物のコーディネイトが素敵ですね。」と、着物がお好きなU様からです。

とっても嬉しいお言葉をいただいて、ますますがんばろー!!と力が湧いてきました。

U様、ありがとうございますっ。

ホームページもまだまだ進化させますので、また、見てくださいね。

わらび、おいしく頂きました

|

 今、この時しか食べられない山菜、わらび。

昨日、主人がたくさん採ってきました。

   美祢のYさん、毎年、山に入らせてくださって

   ありがとうございます!!

 あく抜きは、灰が無いので重曹を沸騰したお湯にとかして、

そこにわらびをいれて、冷めるまでそのままにしておきました。

冷めたら、よくあらって水にさらして下準備はOK。

採りたてで、新鮮だから、アクも少なくて、苦味はほとんどなくなるんです。

 

それを、適当な長さに切って、

甘めに味付けただし汁でさっと煮て、おいしくいただきました(^^)

山の恵みに感謝!

  わらび.JPG

古い衣装箱

|

古い衣装箱

 

店名の入った古い衣装箱です。

美祢本店で昔、使われていたものです。

 

戦前、着物が日常着だった頃に活躍していました。

男の店員さんが、この中に着物の反物を入れて、美東町や秋芳町を回っていたのだそうです。

入れ物だけでも、けっこう重い!

車がない時代、大変だったでしょうね・・。

もう使われずに何年もの間、片付けてあったのですが、

今、ショーウインドウのディスプレイに使っています♪ 

レトロな雰囲気です。 

12マルキ大島紬

|

 

12マルキ大島紬 大島紬の12マルキの逸品が入っております!!

 

大島紬は絣糸(かすりいと・・・糸が染まっていない白い部分のある糸)の本数によって

5マルキ、7マルキ、9マルキ、12マルキと分類します。

12マルキが最も絣糸の本数が多く、柄の表現も細かく、複雑なのです。

 

 

製作するのに最も熟達した技術を要する品なので、多くは流通していません。

 

この大島紬は、泥染めの黒地ですから、若い方からご年配の方まで、

裏地の八掛の色次第でどなた様でもお召しいただけますね。

どうぞ、お店にてお手にとって品の良さをお確かめください。

    問屋さんに安くしていただいて、買い取りましたので

    価格は市価に比べて安いこと間違いありません!!

    (ぜひ、店頭で、ご確認くださいませ。)

大島紬証紙

きもの道楽の振袖で

|
商品名: きもの道楽 プレタ振袖

きもの道楽振袖  

  IMG_2330-1.jpg

   お客様に、お振袖姿で写した写真を見せていただきました。(^0^)

とってもかわいいお嬢さんなんですが、ブログには、振袖だけご紹介させていただきます。

このお振袖は「きもの道楽」の仕立て上がりのお品です。

 こちらのお客様は、以前、お姉さんが成人の時に正絹の振袖を作られたので、

気兼ねない2枚目としてこの振袖をお選びになりました。

 

「きもの道楽」は着物メーカーであり、着物の商社の京都丸紅が製造販売している

上質のポリエステル着物なんですよ。

柄は、古典的なものを中心に展開しています。

 

ポリエステルなので、2枚目の振袖に、または、

成人式に振袖を買わなかったけどやっぱり欲しくなって、などとおっしゃる

OLさんに人気がありますよ。

 

絹のようなしっとりした風合いで、着心地もいいと好評です。 

振袖の他に小紋もあります。

 

お客様も「古典柄で上品だし、着心地も良かった」と、喜んでくださいました。

 

当店では、「きもの道楽」の振袖、小紋、帯、小物など、お取り寄せできますので

ご利用くださいませ。(小紋は普段着に私も着用しています♪)

きもの おかふじ おかふじ好みの振袖をもっとご紹介します。こちらから

着物の仕立てかえ

|

 最近、お手持ちの着物や帯のお直しや、仕立て替えを

依頼されるお客様も多くいらっしゃいます。

 

  例えば、お母様の着物を、娘さんの寸法に仕立て替える

      紬の着物を、二部式着物に作り替える

      袋帯を名古屋帯に、または、作り帯にするなどです。

 出来上がると、着ていなかった着物や帯がよみがえった!!と、

喜ばれています。

 

 こんな例もありました。

お客様のもう亡くなられたお父様が着ていらっしゃったという、大島紬の

アンサンブルを解いて、女性用の二部式着物に作り替えしたんです。

アンサンブルの羽織には、男物ですから、絵の描かれた

すてきな羽織裏が付いていたので

羽織からは裏だけとって、二部式着物の裏の一部に使いました。

お父様の思い出の着物を、そのままタンスにいれていても

めったに見ることはないけれども

二部式着物に仕立て替えしたら、自分が着ることができると、

とても喜んでいただきました。

私も、とても嬉しかったです!

 

あたらしく着物をお誂えするだけではなく、仕立て替えもさせていただきます。

どうぞ、気軽にお申しつけくださいね。

 

桜 

暖かくなってきたので商店街まで出てきたよと、 

昨年、大きな手術をなさったM様が、お店に立ち寄ってくださいました。

お元気になられて、本当によかったです。

わざわざ、寄ってくださってありがとうございました!

これからまた、いろんなご趣味を楽しんでくださいね。

男物の小紋

|

 当店には珍しく,男物の小紋が入ってきました。

やわらかい薄手の紬地に、微妙に大きさが不揃いの点々の模様。

点々が不揃いなのがおしゃれです。

色違いで2反、仕入れたのですが、

1反は、女性のお客様が自分用にと買われました。

長めのコートにお仕立てするんですよ!

男性ものは生地が幅広なので、背が高く、手の長い女性でも

十分に裄を長く、コートや羽織を作ることができるんです。

そんな活用法もあります!

 

国産の正絹男物小紋 35.000円とお値打ち価格です!!

男物小紋 

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2008年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。