2012年11月アーカイブ

トンボ玉付羽織紐がたくさん入荷しました! 山口県 山口市 岡藤呉服店

|
 宮野にある「いいだガラス工房さん」の手作りトンボ玉を使った羽織紐が
沢山入荷しています。

20121125_135021_edit0.jpg


トンボ玉に紐やチェコビーズ、淡水パールを合わせて作った羽織紐です。

羽織に付ける部分はカニカンなのでつけはずしも簡単です。

トンボ玉の大きさ、形により価格も様々ですが、

一番人気でよく売れているのが4500円の紐のタイプですよ!

羽織姿の真ん中にトンボ玉がコロンと・・・可愛いですよ。

お店でぜひ、お気に入りを見つけてくださいね。


山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ




気軽に着れる着物を集めて錦秋市開催します! 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
今年は紅葉がとても綺麗ですね。

街路樹から落ちた赤や黄色の葉っぱで、道路は錦を広げたようです。

おかふじでは、そんな美しい今の季節にちなんだセール

「錦秋市」を月曜日より開催します。

毎年、年末に好評いただいている着物と名古屋帯のセットを

今年も用意しました!


IMG_1374.JPG

着物と名古屋帯を95.000円でご提供!

もちろん、裏地、仕立て代も含みます

お好きな小紋や紬の反物と、名古屋帯を選んでくださいね。

着物の誂えをしたことがない方も、この機会にご自分の体型にあった寸法で

誂えた着物を作ってみませんか?



お洋服感覚のカジュアルなものから、色無地代わりにもできる上品なものまで

揃えております。


IMG_1378.JPG




この下の帯は紬地の八寸帯。カジュアルで気軽に使っていただけますね!

IMG_1434.JPG


着物に合わせたい帯揚げ、帯締めも特価でご提供します!(帯締め1000円から

いいだガラス工房さんのオリジナル、トンボ玉付羽織紐もたくさん入荷しました。

冬に向けて暖かいネル裏足袋、あったか肌着も入荷!

ぜひ、お店にお立ち寄りくださいませ。お待ちしております。

おかふじの錦秋市は   24年11月26日(月)から12月2日(日)まで
                    うち28日(水)は定休日でお休みさせていただきます。



 着物のことなら

 山口市 西門前商店街  呉服処 おかふじ

 ※お店は商店街の中にありますので、商店街共通の駐車場をご利用ください。

   駐車無料券を差し上げます。



山口市菜香亭でアンティーク着物展始まりました 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 ブログで何度もお知らせしていましたアンティーク着物展がついに始まりました!!


20121117_172040.jpg

アンティーク着物とは、一般に大正、昭和の初期に着られていた着物のことを呼んでいます。

富国強兵にまい進していた明治時代が終わり、大正に入ると一気に大衆文化が花開きました。

大正時代にはまだ一般女性は洋服ではなく、着物を着ていたんですよね。

でも、西洋の影響も受けて、着物や帯に今までとは違う西洋風な図柄を取り入れているところが

この時代の着物の面白い点です。


これが、昭和の時代がもっと進み、戦争の時代に突入すると、厳しい統制がかかり、

そんなモダンな図柄の着物は作られることがなくなってしまったようです。


日本の歴史からいえば、ほんの短い時代ですが、

竹下夢二や、高畠華宵、中原淳一が絵の世界で活躍し、モダンが好まれた時代、

彼らの絵から飛び出したようなおしゃれな着物たちをぜひ、山口市菜香亭でご覧ください。

当時の婚礼衣装も合わせて、着物は約20点展示しています。


入り口でお迎えするこの着物、ピンクのバラが描かれているんですよ。

バラはこの時代、好んで描かれた図柄の一つです。いかにもヨーロッパ志向ですね。

IMG_2032.jpgのサムネイル画像


ぜひ、山口市菜香亭へお越しくださいませ。 12月24日まで(火曜日休館)

HPでは展示情報を随時更新中・・・アンティーク着物展

拝観料は大人100円、子供50円です。

私もスタッフとして時々、会場で展示説明をいたしております。
(お店がお休みの水曜日には常駐していますよ)


山口県立美術館で開催中の
「大正レトロ昭和モダン展 竹下夢二とその時代展」とのコラボ企画ですので
この展示と合わせて県立美術館にも是非お越しくださいませ。
(県立美術館と、山口市菜香亭は車で5分の距離です)

紅葉のきれいな季節、ご自分も着物でいらっしゃって、紅葉スポットで写真を撮るのもお勧めです!!

商店街をミニSLが走りました! 白石フェスティバル 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
今日は白石地区の地域のお祭り、白石フェスティバルでした。

でも、あいにくの大雨・・・。

そこで、予定していたミニSLの運行が商店街のアーケードの中で行われたのです。

アーケードの中に突如、線路が引かれて、SL運行スタート!

当店の前を走るミニSL。

結構な馬力で大人も乗れます。

20121111_112220.jpg


本物と同じように石炭で走るので煙も出るのですが、

各店は店内に煙が入らないような対策をして協力しました。

20121111_112225.jpg


せっかくのイベントが中止になったらがっかりですもの。

無事、走らせることができてよかったですね!!


20121111_113857.jpg



さて、今週末は西門前商店街のえびす祭りです。

恒例の活けエビ釣りに加えて、被災地支援として宮城県のカキを焼いて販売もします。

ぜひ、お越しくださいませ!!


大正時代の婚礼衣装 アンティーク着物展へ 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 山口市菜香亭で開催される「アンティーク着物展&キモノカフェ」。

まず先にアンティーク着物展がいよいよ11月17日(土)から始まります。


開催まであと1週間と迫り、私も出展スタッフの一人として準備に追われているところです!

県立美術館で同時開催される「大正ロマン、昭和モダン展」と合わせて、ポスターもあちこちで見かけるようになりました。

FM山口ではラジオCMが毎日流れていますし、いろんなメディアからも注目していただいいるようで嬉しく思っています。


展示する着物は、大正、昭和初期に実際に着られていたものなんですが、

染めや模様が華やかな小紋の着物、個性的な柄が楽しい銘仙など、

今の着物と比べて、昔の女性のおしゃれ心を想像してみてください。

こちらのサイトに画像を少し紹介しております。




会場となる山口菜香亭は、明治初期から数年前まで100年以上営業していた料亭です。

数えきれないほどの結婚披露宴がその大広間で行われてきました。

今回、菜香亭に残る当時の婚礼の食器類と並べて、婚礼衣装も展示します。

そのうちの一枚、この振袖は当店(岡藤呉服店)が保管していたものです。

主人の祖母がお嫁入りの時に持ってきて、着たものでしょうか。

そのあたりの背景がはっきりとはわからないのですが

90年近く前のものではないかと思われます。

当時のお嫁さんは五つ紋入りの振袖が婚礼衣装だったのですね。


IMG_1396.JPG


何羽も描かれた鶴の羽根の部分には重厚な刺繍が施されていて
今にも飛び立ちそうな立体感なんですよ。

松竹梅に鶴、まさしくお嫁さんの衣装にふさわしい振袖ですね。

IMG_1398.JPG


山口市菜香亭の「アンティーク着物展」で展示いたしますので、ぜひ、会場でご覧になってくださいませ。


着物のことなら
 
山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ


大正ロマン昭和モダン展・・・竹下夢二とその時代 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 11月に入った途端に暖房を入れたくなるほど寒くなりました。

体調管理に気を付けなければいけませんね。

でも、紅葉もだんだんと赤みを増して美しくなってきました。

お出かけしないともったいないですよ!

山口市では素敵な催しがあります。


色づいた街路樹が美しいパークロードに面した山口県立美術館で

「大正ロマン昭和モダン展 ・・・竹下夢二とその時代」が開催されます。

178975_289652474468543_748868379_n.jpg


"大正ロマン"という言葉は、聞いたことがおありではないでしょうか。

明治維新以降、西洋文化を受け入れ、近代化に向けて走っていた明治時代が終わり、

大正時代が始まったのが今から約100年前、

その大正から昭和初期にかけて、花開いた新しく華やかな大衆文化(ファッションや生活)を、

大正ロマン、昭和モダンと呼んでいます。


その時代の最先端のおしゃれを挿絵などの作品を通して発信していたのが竹下夢二を代表とする挿絵画家たちなんです。

華やかな挿絵は女の子に大人気でした。


なかでも特に私が注目しているのは、挿絵に書かれている女性たちの着物姿です。

日常的に着物を着ていた時代、着物の着方は今よりゆったり着ているように見えます。

柄や色はとっても大きくて大胆で華やか!! まるで洋服のようなセンスなんですよ。


しかし、そのような華やかなファッションは、この後、日本が戦争色に染まっていくにつれ

消えてなくなってしまいました。

そんな短い間の大正ロマン、昭和モダンと言われるファッションを

当時の絵から、ぜひ、ご覧になってください。

私も見るのをとっても楽しみにしています。もちろん、着物を着て美術館に行きますよ!!



日時  11月17日(土)から12月24日(月)  月曜休館(ただし12月24日は開館)
      9:00より17:00まで(入館は16:30まで)

観覧料 一般900円学生、シニア、団体割引あり

場所  山口県立美術館  山口市亀山町3ー1  083ー925ー7788



同じ時期、

山口市菜香亭ではその時代に実際に着られていた着物を展示する、

アンティーク着物展が開かれます。

県立美術館との協賛企画展ですので、両方合わせて楽しんでいただきたいと思います!

こちらの展示のご案内は次のブログでおはなししますね。

その前に、こちらのサイトを先にご紹介しておきます。


山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。