2013年2月アーカイブ

萩往還梅林園の梅 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 山口から萩に向かって車を走らせていくと、

道の駅萩往還を過ぎて右側に、整備された梅林が見えます。

昨日、その「萩往還梅林園」に行ってきました。

P1000206.JPG

梅の木は約350本あるそうです。

満開の木もあればまだまだ蕾という木もありましたが

辺りは梅のいい香りがしていて、春を感じることが出来ました!


P1000204.JPG


萩市 花だより・・・・開花状況がわかる萩市のサイトがこちら。

萩市が管理、運営しているのですね。

入園料も不要で、駐車場もちゃんとあります。




お昼ご飯は、萩生まれのうどんチェーン店「どんどん」へ。

いつもながら大人気で大混雑ですが、

うどんがでてくるのも、お客さんの出入りも速いので待ち時間はほとんどありません。

新メニューとかかれたエビのかき揚げをわかめうどんにプラスして頼んでみました。

13613440111650.jpg

これ、見て見てー!

揚げたてあつあつのエビのかき揚げ(150円)はサクサクでおいしかったです。

うどんに乗せずに、別皿で出てくるのがなお嬉しい。

これお勧めです!!




きもののことなら

山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ




昔から変わらない人気です総絞り振袖 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 山口は今朝も寒い朝でしたね。

家から見える山にはうっすら雪が・・・。

日差しが明るい昼間はずいぶん暖かさを感じるようになりましたが

春よ来い来い、まっちょるよ!!



ただ今、店内には春のように優しい総絞りの振袖を飾っていますよ!


毎年、毎年、いろんなデザインの振袖が発表されますが、

総絞りの振袖は昔からずーっと変わらず人気があり、作り続けられています。



こちらの写真の絞り振袖は、

白を基調としていて、サーモンピンクや薄いブルー、淡いグリーンという色使いが

とても優しいですね。


絞り大 (1)編集.jpg


下前の柄部分アップです。絞りの粒がおわかりになりますか?

細かい作業、職人さんの技を感じますね。

IMG_2396.jpg





次は、桜の花散らし模様のピンクの絞りの振袖をご紹介します。

これは絞りの有名メーカー「藤娘きぬたや」製作のものです。

450.000きぬたや.jpgのサムネイル画像



この振袖は、袖の桜の花が飛び飛びに散らして描かれています。

肩や背中に柄がなく、模様があるのは裾だけという大人しい柄付けです。

ですから、

振袖としてお召しのあと、

袖を切って短くして、訪問着として着ることができます。

(普通、多くの振袖は袖を切りません)

着用の機会が多くなるお得な一枚です!


一枚、一枚、選んで仕入れるからこそ、品質にも価格にも自信を持ってお勧めする

おかふじの振袖。


ぜひ、店内でご覧くださいませ!

私があれこれ解説、ご説明させていただきます!


また、おかふじでは、3月17日(日)、18日(月)、

  春の大感謝祭を開催します。

会場は 湯田温泉 ホテルかめ福 2階です。

皆様のお越しをお待ちしております。


きもののことなら

山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ



着物のお手入れキャンペーン実施中! 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 2月も半ばに差し掛かりました。

まだまだ寒いけれど、日差しに少し暖かさを感じるようになりましたね。

着実に春は近づいて来ているのですね。



さて、おかふじ山口店ではただ今、着物のお手入れキャンペーン実施中です。


着物、長襦袢、帯の3点、または、

着物、長襦袢の2点をまとめてお手入れに出していただくと大変お得なんですよ!

IMG_250211.jpg


通常ですとお手入れ代金は以下の通りです。
         着物・・・7,000円
         長襦袢・・・4,000円
         帯・・・・・・3,150円   

            これら3点分合計すると14,150円ですが、
            キャンペーン期間中だと10,500円でお受けいたします!!

   つまり 4,100円もお得になるんですよ!


着物と長襦袢の2点でもお得です(2,600円お得!)ので、この機会にぜひ

ご利用くださいませ。

乾燥剤のプレゼントも付いてます。


当店へのお持ち込みが難しい場合は、

お電話いただきましたら取りに伺いますので、お気軽にお申し付けくださいね。

電話083ー924ー3322(営業時間内)へどうぞ。

お待ちしております!!



山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ




2月10日は太物の日です! 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 あさって2月10日は2と10の語呂あわせから「太物(ふともの)の日」なんですよ!

太物とは、絹織物に対して、糸が太めの綿や麻やウールで織った織物のことを指します。


今では聞きなれない言葉ですが昔は、「太物」も一般的に使われていたようです。

それがわかるのがこの写真、

これは当店の明治34年のチラシなのですが、(チラシに軍人さんというのもこの時代で面白い)

太い文字で、呉服太物と書いてありますよ。
   
IMG_2380.jpg


今の時代、着物を日常的に着なくなって、着物が特別な衣装になってしまったからでしょう

木綿などの普段着の着物はどんどん生産されなくなりました。

そして太物という言葉も聞かなくなりました。

当店でも現在はほんの少ししか取り扱っていません。(T0T)

でも、最近、また、日常に着物を着る人が増えてきつつあり、

絹に比べて扱いやすい木綿やウールの着物の良さが見直されています。

太物って言葉も忘れずに使っていきたいですね。


 そこで、

 2月10日 太物の日には

 お手持ちのウールや木綿の太物の着物を着て過ごしませんか?

 
着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ

平安絵巻のような振袖 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
新入荷の振袖をご紹介します!

IMG_234611.jpg

 全体に図柄が描かれているこの華やかな振袖は

雲の上から住まいを見下ろした図案がまるで平安絵巻の様ですね。

雲は金箔使いでとても豪華。


このような古典柄の豪華な振袖は、成人式に着るだけではもったいないですよね!!

大学の謝恩会などに機会があれば何度も着ていただいて、

お嬢様が結婚されるときには、披露宴で着ていただきたいと思います。


実際、大正から昭和初期の花嫁衣装は黒い振袖が多かったのですよ。

昨年、菜香亭で開催したアンティーク着物展でも

婚礼衣装としてこのような黒地の振袖を展示していました。


ぜひ、現代でも、そのように振袖を活用していただきたいと思っています。



さて、おかふじの店内には他にも多数の振袖を用意しておりますので

ぜひ、ご来店くださいませ。お待ちしております!!


着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ


尚、お手持ちの振袖(お母様が着用されたものなど)の洗い、サイズ直しも

承っておりますのでお気軽にお持ち下さいませ。



着物で歌舞伎 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 博多座に歌舞伎を見に行ってきました!

中村勘九郎さんの襲名披露公演です。

各地を回って、博多が最後の公演なんだとか。


20130203_150804.jpg


13599449550710.jpg

身替座禅で演じられた恐妻家のお殿様、コミカルな演技がとても面白かったです。




長年の憧れ「着物でおしゃれをして歌舞伎を見る」を初体験してきました。

舞台の上の役者さんは全員が着物、そして伴奏し、物語を演出するのは三味線に笛、太鼓、唄と、

歌舞伎が上演されているひと時は劇場が全部が和の世界に包まれます。

そこで、自分も着物を着ていることで、その和の空気を共有できたような気持ちになりました。

大げさかもしれませんが・・・。よかったー。


さあ、その憧れの着物で歌舞伎には

何を着て行こうか悩んだ挙句、大島紬に読谷村花織の帯、そして羽織にしました。

羽織はお出かけムードを演出します。

春らしい明るい色の着物にしようかとも考えましたが、乗り物や劇場の椅子に座ることを考えて

汚れの目立たない濃い色のにしました。

P1000192.jpg


劇場では他にも着物姿の女性を数人お見かけしましたよ。

(全体で20人くらいでしょうか・・。もっといらっしゃるかと思ってたんですが意外と少なかったですね)

そしてちらりと皆さんの装いをチェックすると、

大島紬、その他の紬、小紋、訪問着、色無地といろいろでしたが、大島紬が一番多かったです。

高級感はあるし、着易く、しわになりにくいのがお出かけに向いているのでしょう。

そんないろんな人の着こなしを見れたのも楽しかったですよ。



この楽しさをお客様とを共有できたら・・と考えは発展し、

いつか、お客様と一緒に歌舞伎を見に行く機会を持てればいいなと思ってはいるのですが

ご要望はあるでしょうか。

博多座は少し遠いけれども、ルネッサ長門である公演なら可能かもしれませんね。

是非、ご意見をくださいね。お待ちしています!



着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ





山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。