2014年6月アーカイブ

夏着物に麻の襦袢 山口市 おかふじ呉服店

|
 6月最後の今日、山口は梅雨の晴れ間の良い天気。

気温も30度になるという予報でしたので、

今シーズン初、夏着物でお仕事です。

20140630_105934.jpg


着物は透け感のある紗紬という生地の小紋です。

実は、コレ、ポリエステル素材なんですよ。


洗える点が便利ですが、天然素材に比べてムレて、着心地が暑く感じられるのが欠点のポリエステル・・・。

でも、麻の長襦袢を合わせると随分と暑さが軽減されます。

麻は肌触りもシャキッとしているし、汗を吸ってくれるのでムレず、涼しいのです。

そして、自宅で洗えるののがまた嬉しい点です。


半巾帯の上に、アクセントとして細めの(二分半)帯締めにガラスの帯留めを通しました。

ガラス素材の帯留めなど、小物を使って遊ぶのも楽しいですよ。


これから本格的な暑さがやってきますが、

皆様も、夏着物をぜひ、楽しんでくださいね!


着物のことなら

山口市 西門前商店街  呉服処 おかふじ



和装教育の支援活動しています 山口市 おかふじ呉服店

|
P1000369.JPG

中学生が浴衣を着ることに挑戦している写真です。

私昨年、山口県内の中学校で浴衣の着方教室を行ったときのものです。


当店は、子供たちに、和服、和装のことをもっと知ってほしいという思いから

NPO法人和装教育国民推進会議の山口県支部の一員として

中学生や高校生に浴衣を体験してもらう活動をしています。

参加している会員は、当店のような呉服店と、着付け教室の先生、和裁士さんです。

写真のように、

依頼を頂いた学校へ浴衣を持参して、子供たちに直接、指導しています。



着物も浴衣も着たことがないという子供さんが多い時代です。

子供たちには浴衣を着たあと、そのままで階段を上ったり、走ったりして、

洋服との違いを体験してもらうのですよ。

どこの学校に行っても、子供たちは熱心に挑戦してくれるので

指導する着付け師の先生も呉服店のスタッフも一生懸命です!


ある学校から、子供たちが書いてくれた感想を頂きましたので紹介します。

浴衣を着てみて

良い点

〇 色や柄がとても多く、着るととても嬉しくなる。
〇 たたむと収納が楽。薄くなる。洋服はこうはいかない。
〇 動き辛いがそれがいい。自分の行儀を良くしてくれる。
〇 和服は地味と思っていたが色々な柄や色が合ってコーディネイトできる。
〇 すごくきれい。色が綺麗。
〇 布一枚なのに暖かい。
〇 着心地が良い。
〇 少し工夫をすれば動きやすくなる。
〇 帯のおかげで姿勢がよくなる。
〇 上品
〇 涼しい

不便な点

〇 薄いので座ったら足が痛かった。
〇 着方がすごく難しいので初めての人は無理。
〇 足が開きにくいので歩きにくい。
〇 ゆったりしているが着くずれしやすい。
〇 動きづらかった。走りにくい。
〇 しわが入りやすい。


そして、こんな意見も。

〇 和服は日本の伝統的な物なのでちゃんと残したい。
〇 どこに行っても大丈夫な服装だと思う。



予想以上に、良い点を沢山挙げてくれていたのに驚きました!



この体験を忘れずに、子供たちが今後、浴衣を着てくれたら嬉しいです。

私達はこれからも協力していきます!



着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処おかふじ

ランチ会のお誘い 山口市 おかふじ呉服店

|
 着物か浴衣でランチをご一緒しませんか?


私もメンバーの一人として活動している着物サークル

Yamaguchi着物愛好会で「「ランチ会」を企画いたしました!


昨年の夏、

島根県立美術館グラントワへ、40人の皆さんと着物ビューティ展を見に行ってきたのですが、

グラントワ内のレストランでランチをした時の写真がこちらです。

お食事を楽しみながら素敵なひと時を過ごしました。

IMG_2614.jpg

今年は美術館鑑賞はありませんが、ランチ会を企画しました。

普段に着物を着ないとおっしゃる方も浴衣なら気軽に楽しめますので

ぜひ、この夏はおでかけにチャレンジ、ランチをご一緒しませんか?


世界から日本の物や和文化に注目が集まる今、

浴衣は気軽に和の装いを楽しめる絶好のアイテムなのです!

夏祭りだけじゃ、もったいない!

ちょっとした街着としても楽しんでもらいたいなと思います。


うまく着られない方は、着付けのお手伝いを致しますのでご安心ください。

浴衣を街着らしく着るちょっとした工夫もアドバイスします!


日にち  2014年 7月13日(日曜日)

集合   11:30

場所   未定(山口市内のお店)  
       参加者の人数により店を決めたいと思いますので
       決まり次第、参加者にお知らせします。

お食事代は2000円前後にしたいと思います。


  詳しい内容は下をクリック。Yamaguchi着物愛好会のブログへリンクします。



京友禅久保耕の振袖が入りました 山口市 おかふじ呉服店

|
 先日、京都に行ってきて、

この素敵な振袖を仕入れてきました。

京友禅の久保耕さんの振袖です。

久保耕みずいろ.jpg



久保耕さんの振袖は、昔から描かれてきた伝統的な柄が美しく、

染め、金彩加工、刺繍などは職人さんたちが優れた技術で作っています。

当店で今まで何枚も販売していますが、

お嬢さまにもお母様、ご家族の皆様にいつも大変喜んでいただいておりますので

自信を持ってお勧めしています!!


この振袖の模様に描かれているのは貝桶。

貝桶には、貝合わせという遊びに使う彩色された蛤の貝殻が納められていて、

それはお姫様の持ち物であり、婚礼道具の一つでもありましたので

おめでたく、若々しい、華やかというイメージの文様なのです。

IMG_3193.jpg

よく見ると、美しい貝殻が貝桶の中からのぞいていますよ。

貝桶自体の装飾も美しいのですが、その周りを四季の花々が彩っていてなお豪華な図柄ですね。

IMG_3194.jpg


「久美すがた」のタグが久保耕さんの振袖の印です。

20140620_144156.jpg



地色の水色の鮮やかさが、写真ではうまくお伝え出来ないのが残念です。

ぜひ、お店で見て頂きたいです!



京友禅 久保耕 貝桶振袖 水色
 
369,000円  裏地、お仕立て代を含みます



着物のことなら

山口市 西門前商店街  呉服処 おかふじ

ご来店のご予約を頂くと助かります。 083(924)3322へ


藤娘きぬたや絞りの浴衣 山口市 おかふじ呉服店

|
 まだまだ梅雨の真っ最中ですが、

お店には、夏に向けて浴衣を買いに来てくださるお客様が増えています!!

女性の浴衣はここ数年、日本情緒あふれる和柄の浴衣が人気なんですよ。

大人の女性には、藍や白など寒色系の色が好まれているように思います。


藍や白といえば昔ながらの絞りの浴衣はやっぱり素敵ですね。

お店には絞りの名店「藤娘きぬたや」さんの浴衣地を揃えておりますよ!


IMG_3139.jpg

左 丸つなぎの浴衣地    25.000円
右 椿の柄の浴衣地     28.000円




絞り浴衣は、生地を糸で括ったり、絞ったりして柄を作り出して染めた浴衣です。


こうやって見ると布地の巾が狭いように見えますが、

絞ってもりあがっている分、縮んで狭く見えるのです。

湯のしをすると、もりあがりもなだらかになり、普通の浴衣とほぼ同じ巾の生地になります。

それからお仕立てしていきます。




ピンク色もあるんですよ。右のピンク可愛いでしょ?


IMG_3144.jpg

 左 流水にひまわりの浴衣地   38.000円
 右 ピンクの浴衣地         38.000円





こんな大胆な柄も、絞り染めで作り出しているんです。

色のコントラストがはっきりしていてかっこいいですね!!


20140609_121017.jpg

石畳のような模様の浴衣地   25.000円



店内には他にもいろいろ絞りの浴衣がありますので

ぜひ、のぞいてみてくださいね。

大人も浴衣で夏祭りを楽しみましょう!




山口市 西門前商店街  呉服処おかふじ

着物で「大浮世絵展」に行ってきました 山口市 おかふじ呉服店

|
 山口県立美術館で開催中の

「大浮世絵展」をやっと見に行くことが出来ました!

20140606_193931.jpg

このブログでも前回、書きましたが、

ぜひ、大浮世絵展を着物で見に来て欲しい!と、

県立美術館では着物(浴衣でもOK)で来館した人に

特別なプレゼントを用意してくださっているんですよ。

そこで、

私、6月6日の夜間開館の日に合わせて、仕事帰りに着物で行ってまいりました!


これが、来場プレゼントです。

中身はあぶらとり紙なんですが、ちいさな鏡もセットされていて素敵なんです。

イラストも浮世絵だし、とても嬉しいサービスグッズでした!

ありがとうございました!

編集済み.jpg


私の他にも着物や浴衣姿の女性を4人、会場でお見かけしましたよ。

嬉しいことですね。


浴衣なら着付けも楽だし、この機会にぜひ、皆さんも着物や浴衣で

美術館に行ってみてはいかがですか?

ただ、この着物来場者へのプレゼントは会期途中の6月15日で終了しますので注意してくださいね。



そして、展示されている作品は、

だれでも知っている名品ばかりです。

菱川師宣、歌麿、写楽、安藤広重、葛飾北斎などなど・・

昔、教科書で見た浮世絵も、その本物が飾られています。

感動しますよ。


学芸員さんから伺ったのですが、

浮世絵は状態維持のため、

一年のうち、たった4週間しか外に出してはいけないと決められているのだそうです。

だからこの「大浮世絵展」は東京、名古屋、山口の3か所でしか開催されなかったんですね。

そして、短い期間しか展示できなので、毎週、展示替えが行われているそうです。

1週間しか展示されない作品もあります。

同じ絵でも版が違う別のものに替える場合もあるそうです。

最終日の7月13日(日)まで、何度も展示されている作品が替わりますので

私も一度だけでなく、何度も行かなきゃと思っています。




展示品、展示期間については

山口県立美術館のホームページで御確認くださいね。

http://www.yma-web.jp/


大浮世絵展に行かれましたか? 山口市 おかふじ呉服店

|
 山口県立美術館で開催中の「大浮世絵展」にはもう行かれましたか?


誰もがどこかで画像を見たことがある、これぞ浮世絵という名品が

世界中、日本国中から集められています。

"これを見ずして浮世絵は語れない"   これがキャッチコピーなのです。



20140606_130724.jpg


早く行きたいと思いながら、時間がとれなくて私もまだ行けていないのですが

昼間に時間のない人に素敵な情報があります!!


今日(6月6日)から6月8日(日)まで

県立美術館の開館時間が20:00まで延長されるのです!!

(入館は19:30まで)

そして、18:00からは学芸員さんによる見どころ解説トークもあるそうです。


もうひとつ、素敵な情報です!

県立美術館から、6月15日まで和服で来場した人に、

素敵な何かをプレゼントするんだそうですよ!

これは、ぜひ着物で行かないと!



そして。、県立美術館の帰りには、近くを流れる一の坂川にぶらりと寄ってみてください。

今、ホタルが本当にスゴイんです。

昨晩、お茶の稽古の帰りに(9時ごろ)、ちょっと見に行ってみたのですが

たくさんの光が舞っていて圧巻でした!


浮世絵と、ホタル、

一度に楽しめるなんてラッキーです!

ぜひぜひ、行ってみてくださいね。



着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。