2014年7月アーカイブ

絽の浴衣には透け防止対策を! 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 夏祭りシーズン真っ只中!

夏祭りや、花火大会でに浴衣で行く!楽しいですよね!


今日は、ちょっと高級感のある「絽」の浴衣を着るときの注意点をお話したいと思います。


先日ブログにも書きましたが、



「絽」という生地で作った浴衣があります。

縦や横線の透かしが入っているので

この生地、透けるんです!!!!

生地の下に置いた私の指がはっきり見えるのおわかりですか?



P1000638.JPG



先日、お祭り帰り、絽の浴衣を着ている女性の後ろ姿にドキッとしました。

浴衣の下には丈の短いタンクトップのような肌着を着ていらっしゃったようでしたが、

腰から下が透けて見えていたんですよ!

太もものラインもくっきり・・・。(悲)

(彼氏と2人で歩いていらっしゃたので、透けてますよと声かけられなかった・・・私。)


このようなことのないように、

絽の浴衣を着用するときは必ず、

腰から下にも裾除けや、ペチコートのような肌着を着用するのを忘れないでください。

透け防止!!気にかけてくださいね。


絽以外でも、薄い色や薄い生地の浴衣を着るときは同じことですよ。

すっきり涼しげに着こなして、夏の浴衣スタイルを楽しみましょう!


着物のことなら


山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ



大きな亀甲の袋帯 振袖の装いにいかが? 山口市 おかふじ呉服店

|
 大きな亀甲の模様の袋帯が入荷しました!


夏休み特別ご奉仕価格  45,000円!!
           (仕立て代含めると56,000円です

1点限りです!


亀甲は文字通り、亀の甲羅から考え出された六角形のデザインの事を言いますが、

亀が長寿であることから、亀甲模様はおめでたい模様、吉祥文様とされています。

身に付ける人の幸せを願い、着物や帯の模様にも昔から多く使われてきました。

IMG_3309.jpg


さて、この帯ですが、

特に亀甲が大きいので、お若い方向きです。

最初、振袖に使って、結婚された後は訪問着に合わせて使えます。

40歳くらいまで使えます。

写真では白っぽく見えますが、地の部分はやわらかな色の金色ですので

輝きがあり華やかです。


ぜひ、店頭でご覧になってくださいね。





さて、今日は7月27日。

山口祇園祭の最終日、御還幸が行われます。

八坂神社へ帰る御神輿が、商店街を通りますので、

当店も営業時間を9時ごろまで延長しますよ!

お祭りにいらしたお客様はぜひ、お店にお立ち寄りくださいね。


浴衣の着くずれお直しサービスもいたしております。

(無料です!お気軽に)


私も、今日は浴衣でおりまーす!遊びに来てね。


10527394_557274831043115_8671389676071085800_n.jpg

ー今日のコーディネイトー

ツモリチサトの金魚鉢の柄の浴衣に博多献上の半巾帯です。

グリーンの三分紐に通した鼈甲の帯留めは、主人のおばあちゃんのタンスにあったものを

頂きました。

全体的にちょこっとレトロ感をイメージしてみました。(^^)


着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ



山口祇園祭 浴衣で楽しんで 山口市 おかふじ呉服店

|
 昨日から山口祇園祭が始まりました。

日曜日だったので、例年よりも人出が多く、賑やかでしたねー!!


私は今年も店内で、浴衣の着付けのお手伝いをさせていただきました。

20140720_185433.jpg






留学生の女の子は、初めて浴衣を着たそうですがとても嬉しそう。

海外の方が日本の浴衣を着て楽しんでくださるのを見ると

私達も嬉しくなりますよね。

ブルーが似合ってらっしゃるし、いいね!

実はこの浴衣、フラダンス講師のRieさんが中学生の時に着ていた浴衣で、

譲ってさしあげられたものなんです。

そこで、記念にRieさんとのツーショットをパチリ!!

20140720_213224.jpg




当店で絞りの浴衣をお求めいただいたお客様にもお会いしました。

この浴衣、熱帯魚の模様が可愛いんですよ。

絞りならではの生地の立体感も素敵です。

後姿のご紹介ですが、着姿も素敵ですね。

ありがとうございました!!

20140720_204228.jpg




続いてもう一つ、ご紹介したいのは、

祇園祭のお囃子を演奏する皆さんの揃いの浴衣です。

20140720_204515.jpg


三本足のカラス、

八咫烏が飛んでいるデザインで、おしゃれですよね。

揃いの浴衣もいいものですね。




最後に、お店から見たお祭りの様子をご紹介。


男性のかつぐ六角形の御神輿が力強く商店街を通っていきます。

これ、辻、辻で、ぐるぐる回転させるのですよ!相当な力が要りそうです。

20140720_202148.jpg




こちらは優雅な鷺舞、藤井食料品店の前、安部橋のたもとでも披露されました。

20140720_195906.jpg


20140720_195857.jpg



お店のすぐ近くでこのような伝統文化を見ることができて、

ありがたいです。



8月のちょうちん祭りまで、山口はお祭りが続きます。

お祭りの日(7月27日、8月6日、7日)は

営業時間を夜間まで延長していますので

お祭りにいらした際には、おかふじにもぜひ、お立ち寄りくださいね。

エアコンも店内効いてます。涼みに来てね。

「浴衣や夏着物でランチ会」のご報告です。 山口市 おかふじ呉服店

|
前に、このブログでもご案内していました

Yamaguchi着物愛好会の

浴衣、夏着物でのランチ会のご報告です!


7月13日(日)、会場のサビエルカンパーナには

18人が浴衣や夏着物という装いで集ってくださいました!

私達スタッフ3人含めて総勢21人の華やかで賑やかなランチ会になりました。


このランチ会のご案内は、Yamaguchi着物愛好会のアメーバブログ、フェイスブック、メンバーのブログなど

いろんな方法でお知らせし、参加の申し込みをお受けしました。

ですから、この日、お互い初めて会うという方も多かったのですよ。

でもさすが着物好きさん同士ですね、

すぐ打ち解けてどのテーブルからも楽しそうなおしゃべりが聞こえていました。


IMG_1895.JPGのサムネイル画像



IMG_1901.JPGのサムネイル画像




この写真はゲームをしているところです。

IMG_1892.JPGのサムネイル画像







最後に、カンパーナの階段で集合写真を撮らせていただきました。

(すいません、私ど真ん中にいて・・・。)

参加してくださった皆様、ありがとうございました!!

山口の着物好きさんの交流の輪がまた広がりましたね。


IMG_1909.JPG



また、お目にかかれますように。

これからも着物で楽しむイベントを企画していきますので、

男性も女性も、

どうぞご参加くださいね。一緒に楽しみましょう!


足利銘仙、お店で見て見て! 山口市 おかふじ呉服店

|
 NHKの朝ドラで主人公たち女性が着ている着物がいつも気になっています。

「カーネーション」、「おひさま」、「ごちそうさん」、

今放送中の「花子とアン」でも、

大正から昭和初期の女性たちが着ている着物は色や模様が大胆で、とても個性的ですよね。

これらの着物は銘仙という織物なのです!



銘仙は昔、着物が普段着だったころ、沢山生産されて流通していた織物でしたが、

時代が移って、普段着に着物を着なくなったため、銘仙も着られなくなり、ほとんど見かけなくなりました。


でも、このおしゃれさ、軽さは魅力的。

それに価格もお手頃なので

今の時代でも十分、好まれるはずです。



そこで、当店の取引先の問屋さんに、今、銘仙が手にはいるのかどうか聞いてみたら

今でも、少しは生産されているそうで、お店に送っていただけることになったんですよ!


栃木県の足利銘仙です。

柄はいろいろ全部で8反届きました。

おー、憧れの銘仙。

どれも個性があって素敵なので、ぜひ、皆様に見て頂きたいです!

中にはこんなアンティークっぽい紫で可愛い柄のもあります。

IMG_3271.jpg




銘仙は着物にしてもいいし、丈の長い羽織にするのもいいですよね。


IMG_3265.jpg



どうぞ、ご来店お待ちしておりまーす!!


着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ

お着物Q&A浴衣にはどんな素材があるの? 山口市 おかふじ呉服店

|
 今週の土曜日は山口大学の七夕祭なんですね。

さきほど、山口大学1年生の女の子が2人来店されて、浴衣を買っていってくださいました!

山口街中のホームページを見て当店に来てくださったそうで、嬉しいことです。

ついでに、自分で着られるように半巾帯での文庫結びをレクチャーしましたよ!


七夕祭当日が楽しみですね。ありがとうございました。




IMG_3240.JPG


 さて、今日は、浴衣の素材についてお話しようと思います。

今ではお祭りなどのイベントに着るものというイメージが強い浴衣ですが、

元々は湯帷子(ゆかたびら)と言い、沐浴する際に体にかけていたものだったそうです。

素材は麻でした。

それが、湯上りに水や汗を吸わせるために着る着物になり、

寝間着になり、

現在では、色や柄が豊かなお出かけにも着られるファッションアイテムになりました。


何度も着て、汗を吸って、洗いに耐えうるものだった浴衣は

少し前まで綿100%の素材で作られていました。

何度も何度も洗って、くたくたになったら、最後は切って、赤ちゃんのおむつにしていたんですよね。


でも、ファッションアイテムになった今は木綿100%だけでなく、

それ以外の素材で作られたものも増えているんですよ。

品質表示を見てみましょう。

このタグには麻30%、綿70%と書いてあります。

IMG_3242.JPG

これも同じですね。

IMG_3230.JPG


これは麻23%、綿77%。

麻が含まれると生地がしゃりっとするので好まれているのです。

IMG_32321.jpg


絹40%、綿60%のものもあります。

もう、これは浴衣というより、夏の着物という感じ。

IMG_3245.jpg


また、東レが開発したポリエステル100%の素材でできた浴衣もあります。

セオアルファという素材です。

自宅で簡単に洗えて、アイロン掛けがいらない点が便利です。

IMG_3243.jpg


もちろん今でも綿100%のもありますよ。

IMG_3229.jpg



また、素材の違いだけでなく、

生地の織り方によっても、見た目の雰囲気や、着心地が違います。




まず、これは昔ながらの平織です。表面は平らな感じですね。

パリッと糊を効かせて着る浴衣という感じがします。

IMG_3220.jpg


こちらは縦糸に色んな太さの糸を混ぜて生地を織ることによって、縦の凸凹感を出した生地です。

凸凹感があると肌に触れた時さらっとするので着心地が爽やかです。

IMG_3233.jpg



こちらも太い糸を混ぜて織られた生地ですが、縦、横共にに太い糸を混ぜて、

格子模様を作り出しています。(この織り方は紅梅織と言うのです)

こちらも肌触りがさらりとしています。

IMG_3246.jpg



次の生地は横に透かしの線が入った生地で、

絽(ろ)と呼びます。

これはとても透けやすいので

長じゅばんと合わせて着て、着物風に着るのがお勧めです。


IMG_3217.jpg


どれか着てみたいと思う生地はありましたか?


ご紹介した他にも浴衣にはいろんな素材、生地があります。

素材や織り方によって違う印象、着心地が違う現代の浴衣。

ぜひ、いろいろ試して夏を楽しんでくださいね。

おかふじでお手伝いさせていただければ嬉しいです。



PS: 前にこのブログで募集しました浴衣でランチ会はお申込みが多数になりましたので
  募集を締め切らせていただきました。ありがとうございました!
 
  
着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処おかふじ





初めて文楽を見に行ってきました 山口市 おかふじ呉服店

|
 お着物仲間と一緒に、長門市のルネッサながとへ「近松文楽」を見に行ってきました。

文楽には前から興味はあったのですがなかなか行けず、今回が初めての鑑賞だったのですが

ご縁あって、開演前に人形遣いの吉田一輔さんにお話を伺ったり、

こんなに近くでお人形を見せていただくことができました!!


IMG_1888トリミング.jpg



お人形はこの後の舞台に登場する、曽根崎心中の主役、お初さん。

吉田さんが動かすと、やわらかい動き、しぐさがまるで生きているみたいなんです!

可愛らしい娘さん1人、がそこに一緒にいて、私達の話に加わっているような気さえしました。

(大げさではなく、本当なんですよ!)

それほど動きが自然なのです。すごい技術に感動しました。

舞台上では3人の人が一緒にこのお初さん1体を動かすそうです。

IMG_1885.jpg


長門市は近松門左衛門ゆかりの地と伝えられている場所だとご存じですか?

その長門市にあるルネッサながと開催された、今回が第2回目の「近松文楽」。


文楽初心者にもわかりやすいよう上演前には、

この日の演目の「曽根崎心中」という作品について、

日本文学、日本文化の研究家のドナルド・キーンさんによる解説があり、

文楽を構成する3つの要素、

義太夫節、三味線、人形についてはそれぞれの使い手さんから

説明とデモンストレーションがありました。

お蔭で難しくなく、充分楽しむことができました。

もっと見たーい。

あー、いつか大阪の国立文楽劇場でも見たいです!!



この日は雨模様だったので、

私はポリエステルの絽の小紋の着物を着ていきました。

長じゅばんは麻素材です。

ルネッサながとには私達以外にも10人くらいの着物をお召しのお客様がいらっしゃったので

皆様の装いをチラ見しては、私はそちらも楽しんでいました。

洗える素材なら夏も着物を楽しめますよね。

というより、洗えると思えば、夏こそ、着物を楽しみやすい季節かもしれません。

ぜひ、皆様もチャレンジしてみてください。

涼しく装うコツ、合わせ方などはなんでもご相談くださいね!



着物のことなら   

山口市 西門前商店街  呉服処 おかふじ


山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。