足利銘仙の着物 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 私、NHKの朝ドラ「花子とアン」を毎朝楽しみに見ています!

 (あー、もうすぐ終わってしまいますね・・・。)

明治、大正、昭和初期が物語の舞台だと、

女性たちのほとんどが着物を着て過ごしているので、

その着物を見るのも楽しみの一つです。

大正ロマン、昭和モダンと称される独特の華やかさを持つ、銘仙の着物を

当時の女性たちは、なんと自由に着こなしていることか・・・。

憧れます!!

それに、銘仙の大きくて大胆な柄遣いや色遣いは今の私達の目にはかえって新鮮です!


そんな銘仙にあこがれて、自分も着てみたくて、

ついに、自分のを誂えることができました。

それがコレです。いかがでしょうか?


20140915_102420.jpg



着ると華やかで、心ウキウキ。

お気に入りの一枚になりました。

ちなみに、これが仕立てる前の写真。反物の状態はこんなふうでした。


IMG_3294.JPG



軽く、着やすい生地なので、

お出かけ、旅行にもお勧めです。



皆様にも銘仙の魅力を知っていただきたくて、

来る、9月23日(祝)、24日(水)の当店の大創業祭でも

銘仙のコーナーを設けております。

色んな色、柄のものが揃いますので、この機会をどうぞお見逃しなく!

反物価格  60,000円(税別)でご奉仕いたします。

ぜひ、会場のホテル松政に見に来てくださいね。


着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処おかふじ




山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、おかふじ呉服店が2014年9月16日 12:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ポップな花柄の名古屋帯 山口県 山口市 おかふじ呉服店」です。

次のブログ記事は「鯛がいっぱい、岡重の長襦袢 山口県 山口市 おかふじ呉服店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。