2015年7月アーカイブ

振袖展へお越しをおまちしております! 山口市 おかふじ呉服店

|

20150718_115416.jpg

学生の皆さんの夏休みに合わせて

8月1日から30日まで約1か月間、当店にて

振袖展を開催いたします!

(期間中ですが毎週水曜日は定休日、12日から15日まではお盆休みをいただきます。申し訳ありません。)

呉服専門店だからこそ、

長年の経験と、

目利きで選んだよい品をより安くご提供できます!

振袖や、帯、長襦袢、草履バッグなど、1点からでも、

また、お得なセットも販売しております。

お嬢さまの成人式の晴れ姿をサポート!おかふじにお任せください。

お得なセットは、お振袖、袋帯、長襦袢の3点、すべてお仕立て付きです。

198,000円

298,000円

398,000円

3種類の価格でお選びいただけます。

色とりどりのお振袖を並べると

眺めるだけでも幸せになりますねー。

20150303_110531.jpgのサムネイル画像

339,000久保耕.jpg

237,000辻が花.JPGのサムネイル画像

振袖展では

新しいお振袖のお誂えだけでなく、

ママの振袖のサイズ直し、シミ抜きも承っております。

どうぞ、お気軽にお店を覗いてくださいね!!

お車でお越しの際は、商店街の駐車場をご利用ください。

駐車券を差し上げます。

■当店のウェブショップも是非、見てくださいね。

山口祇園祭の御神幸でした 山口市 西門前商店街 おかふじ呉服店

|

 7月20日は山口祇園祭の御神幸でした。

大殿地区にある八坂神社を出た御神輿や山車が商店街を通るので

当店の前もとても賑やかになります。

写真は、鷺の舞披露の様子です。

八坂神社で奉納されたあと、商店街の中でも

披露されるので、お店にいる私達も見ることができてありがたかったです!!

白鷺も、子供たちの装束も可愛いでしょう?

山口市に住んでいても意外と知らない人が多いので、

一年に一度のこの機会に是非、見てほしいと思います。

室町時代から伝わっているってすごいですよね。

2015-07-21 12.05.59.jpg


祭りを浴衣で楽しむ方を今年も大勢見かけました。

浴衣男子も年々、増えていますよ!

お子さんはもちろん、お母さん、お父さんと3人が浴衣姿という

ご家族もお見かけしましたし、

中学生の男女浴衣カップルもお見かけしました!

嬉しいことです。

写真のNさんは、おかふじで今年買ってくださった博多帯を締めて、

お店に遊びにきてくださいました。(ありがとうございましたー)

私から生ビールをプレゼント!!かんぱーい!!


picute20150721120238.jpg


で、この日の私たち、

私はきもの道楽のセオαの浴衣、

主人は、綿麻の浴衣でした。

11739674_10207048911162768_1078346985_n.jpg

7月24日には、

商店街を踊りながら練り歩く、「総踊り」があり、

27日の「御環幸」には、女みこしも登場します。

梅雨明けがまだですが、

そろそろ雨の事を気にせずに、夏祭りを楽しみたいものです。

着物を着る機会がないとおっしゃる方も、

夏祭りなら、思いっきり浴衣で楽しめますよ!

着付けに自信がない方は当店にご相談下さいね!!

店内で浴衣の着付け承っております。(ワンコイン500円、要事前予約)

8月1日から振袖展を開催! 山口市 おかふじ呉服店

|

 夏休みに入り、子供さん達の声で商店街が賑やかになりました。

明後日20日からは山口祇園祭が始まり、

山口も夏ですねー。

夏休みに合わせて、当店では8月1日から1カ月間、「振袖展」を開催します。

いつでも、何度でも、振袖を見て、試着して頂けるよう長い期間を設けておりますので

どうぞ、お気軽にご来店くださいね。


振袖展にあわせて、

新作振袖もどんどん入荷しております。

下の写真は、絞りで有名なメーカー、「滝泰」の絞り振袖です。

写真では見えにくいのですが、地色は赤と黒のぼかし染め、

おめでたい松竹梅の模様が、絞り染めで丁寧に施されています。

二十歳をお迎えになったお嬢様の成人式のお祝いにふさわしい振袖ですね。

IMG_42321.jpg

滝泰 絞り染め振袖 お買い上げ価格

裏地、お仕立て代込み 210,000円(税別)・・・お嬢様のサイズにお仕立ていたします

袋帯、長襦袢と合わせたお得な3点セット販売もあります 298,000円(税別)!!



ほかにもたくさんの振袖を揃えておりますので

ぜひ、8月1日からの振袖展へ、

是非、お越しくださいませ!!


■当店のウェブショップも是非、見てくださいね。

きもの道楽のセオα浴衣が入荷しました 山口市 おかふじ呉服店

|

 いよいよ子供たちは夏休みに突入しましたね!

山口ではもうすぐ山口祇園祭りがあり、

8月にはちょうちん祭りがあり、楽しい夏祭りシーズンがやってきます。

おかふじでは、今年もすでに浴衣のご用命を沢山いただいていて、

当店の和裁士さんはずーっと、大忙し。

夏祭りまでに納品をと、がんばってくださってます!!


さて、今日はお仕立て上がっている浴衣をご紹介します。

レトロでモダンなデザインが人気の、「きもの道楽」ブランドの

お仕立て上がりの浴衣、3点入荷しました。

IMG_4245.jpg

IMG_4241.jpg

IMG_4251.jpg

素材はポリエステルなのに、さらりとした肌触りと柔らかな質感のセオαという生地なので

浴衣としてはもちろん、長襦袢と合わせれば夏着物としても楽しめます。

実際、私も今シーズン一枚購入して愛用しています!

きもの道楽 仕立て上がり浴衣 フリーサイズ

155センチから170センチくらいの身長の方に対応しています。

定価 28,000円(税別)の品

  10%オフ 25,200円(税別)

素材 セオα(ポリエステル)

ミシン仕立て 日本製

この商品はおかふじウェブショップでもお求めいただけます!!

■当店のウェブショップも是非、見てくださいね。

中学校で浴衣の着方講習会

|

 今年も中学校に行って、

生徒さんに浴衣の着方を指導してきました。

子供たちに、和装に興味を持って、学んでもらおうと

呉服業界、着付けの先生方、和裁の先生方で作っている

NPO法人和装教育国民推進会議という団体があるのですが

当店も参加し、活動のお手伝いをしています。

今回も、その活動として、

会員の着付けの先生方と一緒に指導に行ってきました。

家庭科の授業を2時限使わせていただいて、

始めに浴衣の由来、浴衣の形、浴衣の着方を簡単に説明したあと、

講師が指導しながら、生徒さんに実際に浴衣を着てもらうのです。

全員が自分で着るの初めてだったそうですが、

一生懸命頑張って、ちゃんと着れましたよ!!

IMG_0044.JPGのサムネイル画像

生徒さんの着姿を後ろから撮らせていたいた写真です。

帯結びも自分でしたのですよ!上手でしょ?

生徒の皆さんも嬉しそうでした!!

着てみる、という体験はとても貴重です。

男子は、なかなか機会がないと思うので特にです。

でも、グローバルな時代に生きる若い皆さんにとって、自分の国、日本の文化や風俗を知ることは

とても大事だと思います。

今回の体験がきっと役に立つはずです。

受け入れてくださった中学校の先生方、

ありがとうございました!!

生徒の皆さん、ありがとうございました。

博多帯の工房見学のお話、後半です。 山口市 おかふじ呉服店

|

 博多織の西村織物さんの工房見学、前回のブログの続きです。

帯を織る織機を見学したあと、移動すると、

手織りで帯を織っている部屋がありました。

そこでは、伝統工芸士の井上久人さんが

佐賀錦の帯を織っていらっしゃいました。

IMG_0014.JPG

ベテランの職人さんの手の動きは滑らかで美しいものです。

佐賀錦の経糸は絹糸ではなく、

和紙に金箔を貼り、それを糸のように細く切断したものを糸の代わりに使うそうです。

横糸には絹糸を使い、手織りで織り上げていくのです。

力加減が難しそうですよね。

織りあがった佐賀錦を触らせていただきましたが、柔らかく、しなやかで、とてもきれいでしたよ!

写真では、

織っていらっしゃる井上さんのすぐ前に茶色く見えているのが

帯として織りあがった部分、

そして、井上さんの右手がある場所を境にして

その奥の金色に見えている部分が

これから織っていく部分です。

経糸としてに張っている金箔が

お分かりになると思います。


つづいて、西村織物さんのショールーム兼、直営店でもある、博多織献上館を訪ねました。

IMG_0026.JPG

こちらでは、商品になっている帯や、博多織をデザインに使った小物が展示、販売されていました。

ほんとに素敵な帯をたくさん見せていただくことができました。

それぞれの帯ごとに

どんな着物に合わせようか。

どんな季節に締めようか。

と、ワクワクして楽しかったです!

作っている現場を見て、

より、博多帯が好きになったので、

お客様に博多帯の魅力をもっとお伝えしなきゃいけませんね!!

最近、

礼装だけでなく、カジュアルに着物を着たいという方が増えています。

紬、木綿、麻の着物も人気があります。

そんなカジュアルな着物に博多帯はぴったりです。

いつか、お店に博多帯を揃えてご紹介する機会を作りますね。

西村織物さんで博多帯作りの工程を見学させていただきました。 山口市 おかふじ呉服店

|

 博多織の織元、西村織物さんで、

博多帯の工房を見学させていただきました。

今まで、博多織の帯は何本も見てきたし、販売してきましたが、

織る行程をを見るのは初めての経験です。

社員さんにご案内頂いて、工房の中へ。

ガチャンコガチャンコと沢山の織機が稼働していました。

でも機械だけが織っているのではなく、沢山の職人さんが

様々な行程を受け持っていらっしゃいました。

織機が織っているといっても実際には

糸の準備から織りあがるまでの、どの工程も職人さんの技術があってこそできるもの。

職人さんが付きっきりでないと織れないのが博多織の帯でした。


工房内で写真撮影の許可をいただいたので、少しご紹介しますね。

いろんな色に染められた絹糸を色ごとに糸巻きに巻き取っているところです。

凄い色数ですよ!

IMG_0006.JPG



その横では整経という工程がなされています。

一本の帯に必要な経糸を、決められた色、決められた本数、決められた順番に組み合わせて、

まとめて大きなドラムに巻きとっているのですが、

一本の帯には7000本以上の経糸が必要なんだそうです。

7000本を決められた色、順番に並べて集めて巻き取る!!これ、一人の職人さんがされていました!!

細い糸なので、糸巻きから引き出す途中、切れることもしばしばだそうです。

写真の左側に糸巻きがあって、そこから引き出された糸が右のドラムに巻かれていきます。

IMG_0007.JPG


IMG_0008.JPG


巻き取った経糸をドラムから外して、

織機にセットして、

帯を織っていきます。

下の写真が動いている織機です。

奥の紫色のが経糸で、

この経糸に横糸を織っていき、

帯が出来上がってくるのです。


IMG_0010.JPG

織機の上にぶら下がっているのが、紋紙(もんがみ)で、

これが帯のデザインのデータなんです。

今はこの紋紙を使わずにフロッピーディスクにデザインデータを入れて読み取らせる場合もあるそうです。

IMG_0009.JPG

動いている織機の前には、動きをつきっきりで常に管理している職人さんがいらっしゃいます。

横糸の補充や糸切れにすぐ対応するために気が抜けないそうです。

この織機で織られているのは、浴衣によく使う半巾帯ですね。(^^)

3本同時に織られています!!
IMG_0011.JPG

別の織機では素敵な袋帯も織られていました!

ちなみに今見えているのは裏側で、表はもっと美しかったです!!


IMG_0012.JPG


IMG_0005.JPG
もの作りの現場はすごいです。

職人さんの熟練の技術があってこそできる帯。

今までより増して、帯に対する感謝の気持ちが湧きました。

続いて、手織りで帯を織っていらっしゃる伝統工芸士の

職人さんの仕事場を見学させていただきましたが、

続きは次回のブログでお話しますね。

ちょっと待っててくださいね!

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。