2015年11月アーカイブ

華やかな帯結びで結婚式に 山口市 おかふじ呉服店

|

 お友達の結婚式、披露宴に行かれるお嬢様2人から

帯結びのお手伝いを頼まれました。

お二人は着付けを習っていらっしゃるので、自分で着物が着られるのですが、

結婚式なので華やかにしたいと、

アレンジした帯結びだけを私に頼んでくださったのです。

当日、着物は自宅で着て、お店に帯だけを持って来られました。

そして、帯結び。
出来上がった後姿がこちらです。

1人ずつ、文庫風とお太鼓風に結びました。

12278654_754428184661111_523458108185981006_n.jpgのサムネイル画像

どんな華やかな洋服でも、着物姿の華やかさには勝てません。

着物姿がまぶしいほど素敵なお二人でした。

Tさん、Mさん、ありがとうございました!

商売繁盛、どしこめー、どしこめ! 山口市 おかふじ呉服店

|

 11月23日は山口天神祭でした。

時代絵巻のような華やかな行列が過ぎた後、

今年もトリを務めるこの派手派手なグループに注目!

商売繁盛を祈願する長持ち担ぎの宮野保存会の皆さんです。

12249879_754845951286001_5305524594341172387_n.jpg

商売繁盛祈願の長唄を

店名を織り込んで歌いながら

ピンクの花がいっぱい下がった神輿(?)を

前後に揺らします。

歌の最後に、どしこめー、どしこめーと皆で合唱!!


幸をいっぱいお店に吹き込んでくださるのです。

みなさんは、いつも白塗りのお顔に、女物のモスリンの長襦袢という女の扮装なんですが、

なぜ、女装(それもブサイクにしてある)なんでしょうね。

12294640_754845991285997_4073869653715968028_n.jpg

12239744_754845917952671_1072541020766326903_n.jpg

でもでも、

毎年の恒例行事、

皆さんに、どしこめー!!をやっていただくと安心です。

ありがとうございました。

「和小物さくら」よりカラフルな帯締め入荷しました 山口市 おかふじ呉服店

|

 可愛い!!と

私が一目惚れして、仕入れた帯締めです。

センスのいい和装小物をつくっている京都のメーカー

「和小物さくら」さんの商品です。

IMG_20151120_175047.jpgのサムネイル画像

写真は何本も並べて撮ったものですが、

帯締め1本1本が、3色使いの細めの組紐なので

そのまま使ってもいいし、

ねじって数色を見せる使い方も面白そうですよ。

発色の良い色なので

渋い着物や、帯に、あわせてもよいし、

ポップなポリエステル着物にも合いそうです。

カラフルで目を引く帯締めでコーディネイトのアレンジを楽しみませんか?

ぜひ、店内で手に取ってみてくださいね。


小さいけれどコーディネイトのキモになる和小物。

沢山の中からお客様に選んでいただきたいと、

品揃えを増やし、在庫が充実してきました。

礼装に、おしゃれ着に、

コーディネイトアドバイスもいたしますので

お気軽にご来店くださいね。

洗える着物、東レ「シルック」 山口市 おかふじ呉服店

|

 自宅で洗えるのが便利なポリエステルの着物。

最近、お求めになるお客様が増えました。

ポリエステルの着物の中でも、東レのシルックのものが

デザインも良く、人気があります。

当店には、茶道を習っていらっしゃるお客様からのご要望が多いので、

仕入れる際には、上品な小紋柄のものを選んで仕入れるように心がけています。

先日、仕入れた4反のシルック小紋をご紹介しますね。

IMG_4425.JPG

左 グレーピンク 葵模様の小紋  18,000円

右 薄いブルーグレー 丸い花紋の小紋 27,000円 (2反とも反物価格 税抜)

下の画像は薄いグレーの小紋の模様部分をアップにしたものなんですが、

手描き風にぼかした色付けが良い感じです。

IMG_4427.JPG



IMG_4432.JPG

薄ピンク 七宝つなぎ模様の小紋  32,000 円(反物価格 税抜)

IMG_4428.JPG

あずき色 切りばめ柄江戸小紋  27,000円 (反物価格 税抜)

お仕立ては当店の和裁士による手縫い仕立て、

又は、海外縫製のミシン仕立て(日にちはかかりますが仕立て代は安いです)

どちらも承っております。

汗をかく時期の和のお稽古に、

イベントのお手伝いに、

汗をかいても、汚れても自宅で洗える着物は

用意して便利ですよ。

ぜひ、当店にご相談くださいね。

着物の裄を出す 山口市 おかふじ呉服店

|

 お母さんの着物や、おばあちゃんから譲り受けた着物が

自分には小さくて着れない場合がありますよね。

先日も、お客様が着物を持ってご相談に来られました。

着物の背中心から、袖口までの長さを裄(ゆき)と言いますが、

お母様から譲られた着物の裄が自分にとっては短すぎるのだそうです。

その着物を見てみますと、

袖と身頃を縫い付けてある部分に、余分な生地が折り込んであったのです。

そこで、

一旦、袖を身頃から外して、

折り込まれている部分を広げて

再度、袖を縫い付けることで裄を長くすることができました!

20151109_105355.jpg

写真は裄出しができた袖と身頃です。

昔の着物はもともとの生地の巾が狭いものがあり、

お客様のご希望の寸法までは出せない場合もありますが、

出せるかどうかは

着物を触ってみればたいていわかりますので、お気軽に私にご相談くださいね。

お手持ちの帯を二部式帯に 山口市 おかふじ呉服店

|

 二部式帯ってご存知ですか?

帯の着付けを簡単にするために、

胴と、太鼓に切り分けて、始めから帯結びの形を作ってある作り帯のことです。

このたび、お客様からご依頼を受けて、

お客様のお持ちの帯を二部式帯に作り替えました。

出来上がった画像がコレです。

IMG_4421.JPG

胴部分と、お太鼓部分に分かれています。

まず、胴部分を巻き、

出来上がっているお太鼓の中に帯枕、帯揚げを通して、背中に背負い

最後に帯締めを結ぶだけでお太鼓結びの出来上がり!!

写真の物は袋帯ですが、名古屋帯でもできますよ。

お手持ちの仕立て上がった帯を使う場合で、

二部式帯への加工料は11.000円(税別)となります。

帯結びが苦手な方も、こんな楽ちんな帯を使えば、

着物をもっと気軽に楽しめるかもしれませんね!

無地の結城に博多帯 山口市 おかふじ呉服店

|

 11月になり秋も深まってきました。

気温が下がってくると、暖かい紬の着物が着たくなりますね!!

今日は、お店の商品でこんなコーディネイトを作ってみました。

無地の結城紬に博多帯を合わせています。

20151105_120718.jpg

結城紬といえば、

絣で複雑な模様をあらわした着物というイメージがあるかもしれません。

でも、このような無地のものもあるのですよ。

無地だと逆に、帯との組み合わせがしやすいし、絣模様があるものよりちょっと改まった雰囲気もあるので

活躍の幅が広いお着物になります。

ベージュ色無地結城紬 反物価格 70,000円(未仕立て)

葡萄唐草模様 博多帯 50,000円(お仕立て代含む)

辛子色帯揚げ 3,900円

柿渋染め 帯締め 7,000円


株式会社結城屋の結城紬です

20151105_121007.jpg


このようなおしゃれな博多帯は最近どんどん作られるようになりました。

今や、博多といえば、献上柄。ではないのですよ。

20151105_121108.jpg

無地の結城紬、博多帯ともに、

お店にはいろいろ入ってきておりますので、

ぜひ、見に来てくださいね。

お手持ちの着物や帯のコーディネイト相談もお気軽にどうぞ。

お待ちしております。

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年10月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。