浴衣を着物っぽく着る 山口市 おかふじ呉服店

|

 7月に入り、本格的に暑くなってきました。

夏こそ浴衣!

浴衣でお出かけしたいですね!!

でも、

大人の女性から、

浴衣は湯上り着というイメージがあるので、

昼間から浴衣でいるのはちょっと抵抗がある。

というお声をよく耳にします。

私もそう感じてしまいます。

(若い子は可愛いのですけどね。)

そんなときは、

浴衣を着物のように着てみませんか?

DSC_6613.JPG

上の写真、着ているのは綿100パーセントの浴衣です。(そしてゆめ)

木綿の浴衣の下に、衿付きの肌着を着て、

夏の名古屋帯、帯締め、帯揚げを使うと、

すっかり夏の着物に見えるでしょう?

名古屋帯を締めるのが無理でも、

少し良い素材の(博多織とか)の半巾帯をキリッと締めると、

きちんとした雰囲気が出ます。

足元には足袋もお忘れなく。


下の写真、

普通に浴衣として着るとこんな感じです。

肌着は衿のないものを着用しています。

帯はカラフルな半巾帯がいいですね。

足元は素足で、

花火大会や、盆踊りにはこのスタイルで。

DSC_6605.JPG

今年の夏はぜひ、

2通りの浴衣の着方にチャレンジしてみてくださいね。


それから、

浴衣の下に着る肌着は

直接肌に触れるので、汗を吸ってくれる綿素材がおすすめです。

衿付き、衿なし共、当店でお取り扱いしていますので

店頭で見てくださいね!

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、おかふじ呉服店が2017年7月 3日 16:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「浴衣パーティのお誘い 山口市 おかふじ呉服店」です。

次のブログ記事は「半巾帯のアレンジ結び「ダブルリボン」 山口市 おかふじ呉服店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。