2019年2月アーカイブ

十朋亭維新館のお茶会へ行ってきました 山口市 おかふじ呉服店

|

3月24日、十朋亭維新館のお茶会に行ってきました。

江戸時代から竪小路で醤油屋を営んでいた豪商、萬代家に

十朋亭という小さな建物があります。

今は、山口の明治維新を知ることが出来る体験型展示館と、

母屋なども含め、十朋亭維新館として山口市が管理し、一般公開されています。

萬代家は幕末の維新の志士たちを金銭面に大きく支援していたので、

十朋亭や、母屋の部屋には、

志士たちが集まり、宿や会合の場としても使われていたそうです。

伊藤博文、高杉晋作、井上馨などなど歴史上の有名人も多数利用していたとか。

歴史が身近に感じられる場所ですね。

その母屋のお茶室でこのたび、初のお茶会が開催されました。

★この写真は施設全体の正面入り口です★

IMG_2658.jpg

IMG_2657.jpg

今回のお茶会は萬代家に何年も眠っていた古い茶道具を出して使うという

とても興味ある趣向もあり、ワクワク!

受付のスタッフさんもこの日は着物姿で、

イベントの雰囲気にぴったりでした。

IMG_2652.jpg

一般の方にも気軽に参加していただけるように、

お客様の前でお茶を点てるお点前はなく、

私たちお客は運ばれたお菓子とお抹茶を席でいただくという略式でしたが、

点前座には歴史ある茶道具が並べられ、

炉には釜も据えられていて、まさにお茶席そのものの雰囲気。

そして、銘のある古いお茶碗でお茶をいただくという

なかなかできない経験をさせていただきました。

52611786_10218977493889881_6010013566256545792_n.jpg

52601885_10218977493249865_8458955110427394048_n.jpg

このような機会ですから、

小紋や紬のような気軽な着物で参加されている方も大勢いらっしゃいましたよ。

(もちろん、私もその一人。)

このお茶会に一緒にいきませんか?と、

私のブログでのお誘いをご覧になって、

山口市外からも着物で参加してくださったのに、

お茶会が主催者の予想以上に大盛況だったため、

朝すぐにいっぱいになり、

茶席に入れなかった方もいらっしゃったのです。

申し訳ないです・・。


でもまた、このような機会があると又着物で出かけましょう!!

そして、今日から地域のイベント「大殿ひなさんぽ」も始まりました。

当店も店内に7段飾りのお雛様を飾りました。

お客様のお着物姿と一緒にパチリ。

IMG_2659.jpg

大殿地区のあちこちのお店や施設のお雛様をめぐって、

街歩きをぜひ楽しんでくださいね。

3月3日(日)は、イベントも大殿地区内あちこちで開催されますので、

またぜひ、着物で遊びにきてください。

当店では洗える着物フェア開催中です。

便利な洗える着物、洗える長襦袢をぜひ見てくださいね。

ポリエステルの洗える長襦袢生地、半襦袢にもおすすめ! 山口市 おかふじ呉服店

|

22日から開催の「洗える着物フェア」に合わせて、

おしゃれなポリエステルの長襦袢地が入荷しました。

1反 7,800円(税別)とお買い得なのです!!

お写真のお品のほかにもワクワクするような楽しい色、柄のものがありますよ。

ポリエステルの長襦袢を着ると、

着物との間に静電気が起きやすいという難点がありますが、

自宅で洗濯できるのはとてもありがたいですよね。

洗えるのは気持ちいい!!

IMG_2609.jpg

お仕立てに関しましては

長襦袢にも、半襦袢にも仕立てることが出来ます。

半襦袢とは、袖だけ襦袢生地で、胴はさらしを使った略式の襦袢のことです。

たとえば長襦袢に作るなら、

生地代 7,800円にプラス仕立て代が11,200円です。

半襦袢を作る場合は袖の部分だけ襦袢の生地を使うので

1人分の袖分を切ったあと、けっこう生地が余ってしまいます。

実は長襦袢生地1反で5人分の半襦袢の袖がとれるので(1尺3寸の着物用の袖)

一緒に作る仲間を5人集めれば

7,800円を5人で割って 1人当たり1,560円

胴部分のさらし代1人分 500円

それに半襦袢の仕立て代1人 6,800円でできますよ。

着付け教室のお仲間や、お友達同士5人集めて生地をシェアしてみませんか?

おかふじの洗える着物フェアは

2019年 2月22日(金)より2月28日(木)まで

岡藤呉服店 山口店にて開催します。

皆様のご来店をお待ちしております。

気軽な洗える着物フェア開催します 山口市 おかふじ呉服店

|

雨に濡れても、食事をこぼしても気にならない洗える着物は

気軽に着物を楽しむことができるお役立ちアイテムですね!

でも、安っぽいのは着たくなーい!

そう思っていたら、

ちょっといい感じの洗えるポリエステルの着物を問屋さんで見つけました。

皆様にご紹介したくて

長襦袢、半巾帯、なごや帯も揃えた、

洗える着物フェアを開催します。

期間は

2019年 2月22日(金)から28日(木)までです。

( ※27日水曜日は店休日のためお休みとさせていただきます)

写真でご紹介している洗える着物は

東京日本橋の和紙や紙製品の店「はいばら」に伝わる

木版刷りの千代紙の模様を取り込んで作ったものだそうです。

可愛い模様と、木版刷りのこすれた風合いが素敵でしょ?

IMG_2564.jpg

IMG_2594.jpg

IMG_2596.jpg

ぜひ、お店に見に来てくださいね!!

大殿ひなさんぽ、ぶらり町歩きしませんか? 山口市 おかふじ呉服店

|

あちこちのお店や施設に雛人形を飾って、

お雛様巡りを楽しんでもらうイベント

「大殿ひなさんぽ」が今年も大殿大路、竪小路界隈で開催されます。

期間は2月24日(日)から3月10日(日)までで、

3月3日(日)には、

龍福寺参道で着物をリメイクした服のファッションショーもあります。

詳しい情報はガイドマップをみてくださいね。

(下の写真はふるさと伝承センターに飾られたお雛様です。昨年の写真です)

DSC_0008_1.jpg

2019E381B2E381AAE38195E38293E381BD20omote28E5B08FEFBC89.jpg

ガイドマップは、当店でも用意しております!

2019E381B2E381AAE38195E38293E381BD20ura28E5B08FEFBC89.jpg

当店も雛人形を飾って、イベントを盛り上げますよ!!

新入荷商品のご紹介、八寸名古屋帯 山口市 おかふじ呉服店 

|

まだ寒い日が続きますが、山口県内あちこちの梅の花は見頃だそうです。

春近しですね!

お店には、新しい商品がいろいろ入荷しています。

素敵な名古屋帯(八寸名古屋帯)も入荷しました。

少し異国風のレトロなデザインが素敵な帯は紬の着物にも染め小紋にも

合わせられますよ。

IMG_252211.jpg

次の写真の帯はブルー系の糸がをグラデーションのように織られた博多帯です。

微妙な色の違いが奥行きや深みを出していて、かっこいいですよね。

IMG_252311.jpg


他に、気軽に着ていただける仕立て上がりの着物も入荷しています。

大人の女性にピッタリの優しい小紋で、

ポリエステルなので自宅で洗濯できます。

雨の日の食事会も、これなら安心して着ていけますよ!!

ぜひ、店内でご覧になってください。

お気軽にお立ち寄りくださいね。

IMG_250611.jpg

イベント情報 着物でお出かけしませんか? 山口市 おかふじ呉服店

|

当店のすぐ近くにある市の施設「十朋亭維新館」で

どなたでもご参加できる気軽なお茶会が開催されます。

ご案内をいただきましたのでご紹介しますね。

十朋亭維新館は、幕末、維新の志士を支えた豪商萬代家の建物でした。

山口市に寄贈されたのち、今は資料館を併した施設として公開されています。

IMG_247311.jpg

昔、お茶室として使われていた十朋亭の母屋を使ってのお茶会ですので、

茶室のしつらえも見学することができると思います。

でも、お客様はお茶とお抹茶をいただくだけですので、

堅苦しい作法は必要ないそうです。

お茶の経験がなくても、どなたでもご参加いただけますよ。

60名様限定、お茶会への参加費は無料です。

(なお、別棟の資料館見学の入館料が200円必要になります。)

会場には萬代家より寄贈された昔のお茶碗や茶道具も並ぶそうです。

下竪小路に残る和空間でいただくお抹茶、ぜひ体験してみてくださいね。

そして、

せっかくなら着物で出かけてみませんか?

おひとりで不安な方は、私がご一緒できますので事前にお声かけてくださいね。

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2019年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年1月です。

次のアーカイブは2019年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。