丹後ちりめん創業300年展開催します 山口市 おかふじ呉服店

|

丹後ちりめんといえば、ご存知の通り、着物の元になる生地の一種であり、

なんといっても代表選手であります。

着物、長襦袢、染め帯、帯揚げなどなど、

たくさんの物が丹後ちりめんから作られています。

とっても身近な素材なのですよ。

その丹後ちりめんが、丹後(京都府の北部)で作られるようになって今年で300年ということで、

300年を記念した展示会を岡藤呉服店で開催することになりました。

色無地、名古屋帯、小紋、ショールなど、

身近な丹後ちりめんで作った商品を多数、用意いたします。

きっと好きなのにで出会えるはず!!

ぜひご来場くださいませ。

IMG_8132.jpg

11月13日(金)から15日(月)の3日間です。

ご案内のチラシに載せていますが、

この度特別に、お取り引き先の企業様秘蔵の作品を展示させていただきます。

社外に出すことなく大切に秘蔵されている物ですので、

ぜひぜひ、楽しみにしていてくださいね。

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、おかふじ呉服店が2020年11月 4日 20:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「着物deおさんぽ」がもうすぐ始まります。 おかふじ呉服店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。