きもの季節のコーディネイトの最近のブログ記事

藤娘きぬたやの絞り小紋着物 山口市 おかふじ呉服店

|

もうすぐ10月。

学生さんの制服の衣替えと同じように、

10月になると裏地のついた着物を着始める時期です。

最近はしつこく暑いので、10月1日から衣替えしなければならないという

きっちりした線引きはしません。

自分が過ごしやすいように、

もうしばらくは、単衣で過ごしていいのですが、

そういうもんなんだと知っておいてもらえたら嬉しいです。


さて、9月23日、24日はお店の大創業祭でした!

2日間共、大勢のお客さまがご来場くださり、

賑やかに終えることができました。

ありがとうございました!!!

お買い上げいただいたお客様、

着物や帯がお仕立て上がるまで、楽しみに待っててくださいね!

これからも頑張りますので、皆様よろしくお願いいたします。

さて、今日のおすすめは、

藤娘きぬたやの絞り小紋と、

織の名古屋帯です。

地色は黒で、

絞りの白いつぶつぶで模様をだしています。

このように単色の着物はシンプルで、

一見すると地味にみえるかもしれませんが、

小物のコーディネイト次第で幅広い年齢の方にお召し頂けるのですよ。

IMG_5076.jpg

帯や小物を替えると、雰囲気がガラッと変わります。

体形があまり変わらなければ親子兼用で着るものオッケーです!

山口では秋には着物でお出かけしたいイベントもたくさん開催されます。

詳細が分かり次第、ブログで随時ご紹介しますね。

一緒に楽しみましょう!

着物スタイルいろいろ 山口市 おかふじ呉服店

|

つい先日まで暑い暑いと言っていたのに、

季節が進み、ぐっと秋が深まってきましたね。

着物を着ても汗をかかないこの時期こそ、

着物生活を楽しむのに丁度いい。

今日は、世間の着物ブロガーさんのように、

私の着物スタイルを解説してみようと思います。

先日のお店での着物スタイルです。

お店ではたいてい、紬の着物に半巾帯を締めています。

立ったり、座ったり、階段を上がったり下りたりと、

よく動くので丈夫な紬が便利なのです。

この格好で仕事帰りにスーパーマーケットに買い物も行きます!

写真の着物は米沢紬という織物で、

着ると暖かいので、さすが寒い地域の織物だなあと感じます。

DSC_0765.jpg


次は、先日、京都に出かけたときのスタイルです。

お客様と工房見学したり、お寺巡りをしたりの旅でしたので、

少し華やかにしたくて小紋の着物にしました。

紅葉した葉っぱが描かれた帯を合わせ、

季節感を楽しむ秋モードのコーディネイトです。

(2年前のちっちゃなお茶会のときもこのスタイルだったと思います。)

外を歩くときはこの上に羽織を羽織っていました。

DSC_0680.jpg


3枚目の写真は、

先日、野田神社緑庵のお茶会に行った時のスタイルです。

緑庵が出来て50周年記念のお茶会でしたので、

お祝いの気持ちを込めて、

ピンクの江戸小紋の着物に

袋帯を合わせ、少し改まった装いにしました。

DSC_06651.jpg

それぞれ、目的が異なると、

着物の素材や帯も変わる、

そんな3通りの着物スタイルをご紹介しましたが、

楽しんでいただけましたか?

★岡藤呉服店のインスタグラムも随時更新中、ぜひ見てくださいね。

アカウントはkimono_okafujiです。

石見美術館へ浴衣展を見に行ってきました 山口市 おかふじ呉服店

|

島根県立石見美術館で開催中の「ゆかた浴衣yukata展」を見に行ってきました。

山口から車で約1時間40分、島根県まで行くと気分はプチ旅行!

事前に情報を得て、

ランチを食べに行ったお店はフルーツショップで、

フルーツたっぷりのデザートがいろいろ食べられるのですが、

今回はお昼ご飯としてサンドイッチを、そしてミニパフェを頂きました。

1533164790420.jpg

DSC_0440.jpg

ボリューム満点のサンドイッチも、

ミニでもフルーツがいろいろ入ったパフェも美味しかったです!!

さすが果物屋さん、

益田駅前のフルーツギフト&カフェmoritaniさんです。

次回はでっかいフルーツパフェを食べに行きたいなー!!


おなか一杯になった後はグラントワ内にある石見美術館へ移動!

DSC_0448.jpg

展示の説明でも書かれていましたが、

浴衣(ゆかた)とは、

もともと高貴な方々が蒸し風呂に入るときに身に着けていた麻の衣類

湯帷子(ゆかたびら)が語源と言われています。

肌を隠す目的と、蒸し風呂が素肌では熱い為、着用していました。

この浴衣展では、

徳川家康が使ったという湯帷子(葵の家紋模様入り!)が展示されていました。

今もあざやかな浅葱色で素敵でした。

お風呂の形が蒸し風呂から、湯につかる入浴に代わり、

湯帷子は風呂上がりに汗取りに着る木綿の浴衣へと変わっていったようです。

今は風呂上がりの用途のほかに

夏には欠かせないファッションとしても定着していますね。

藍染めや絞り染め、

緻密な型をつかった型染め、

着物のように大胆な図柄のものなどなど、

浴衣のおしゃれの変遷を時代に沿って見ることができる楽しい展示でした。

着物ファンの皆様には、きっと楽しんでいただけると思います。

ぜひ、お出かけくださいね。

前期、後期で展示物の入れ替えがあり、

前期は8月6日(月)まで、

後期は8月8日(水)から9月3日(月)です。

休館日や、会期中に企画されているイベントはホームページでご確認くださいね。

島根県立石見美術館

8月11日から19日は浴衣week期間で、

浴衣で来場すると入館料が無料になるそうですよ。

38140441_1570443096392945_4260807977985900544_n.jpg

最後に、一緒に行ったAちゃんの浴衣姿をご紹介します。

反物から自分で手縫いで仕立てたそうです。

いろいろ苦労したそうですが、とても素敵ですよね!

これからもいろんなものの仕立てに挑戦するそうです。

頑張ってねー。


さて、

いよいよ山口市では、8月6日、7日ちょうちん祭りが行われます。

商店街、駅通りもちょうちんで真っ赤に染まります。

浴衣でぜひ、お越しくださいね。

浴衣シーズンに向けてどんどん入荷中!! 山口市 おかふじ呉服店

|

5月になりました。

浴衣シーズンが近づいてきましたー!!!

京都に仕入れにも行ってきたので、

お店には

浴衣や、帯、浴衣周りのものがどんどん入荷中です。

紺や青地の浴衣は大人女子にぴったりですよ。いかがですか?

DSC_0055.jpg

職人さんの技が光る絞りの浴衣も入荷しました。
ぜひ、店内で触ってみてくださいね。

DSC_004000.jpg

浴衣スタイルにも合うし、洋服のときの普段使いにも便利なトートバッグは2点の入荷しました。

(口が巾着になっているので中身が見えず安心です)

DSC_0034.jpg

半巾帯は浴衣スタイルの決め手ですね!

カラフルな半巾帯が今ならたくさんの色が揃っていますよ。

DSC_0042.jpg

このほかにも、

下駄や、お仕立て上がりの浴衣も沢山仕入れてきました。

男性ものもあります。

今年は新しい浴衣が欲しいなという方は、

ぜひ、おかふじにお越しくださいね!!

反物からのお誂え、出来上っている仕立て上がり浴衣ともに、

沢山品揃えしております!


さて、これからはおまけです。

京都の地元の友人が案内してくれたランチとスイーツをご紹介。

ランチは三条烏丸にある「伊右衛門サロン京都」で、京タケノコと鰻のお茶漬けを頂きました。

石焼の器で供されたご飯は底におこげができるほどの熱々で、

最初はそのまま、後半はお茶をかけてお茶漬けにして頂きました!

お茶の香りもよく、美味しかったです!

ウェブサイトはこちら↓

伊右衛門サロン京都

DSC_0009.jpg

食後のスイーツは

伊右衛門サロンから室町通りを北に10分ほど歩いたところにある

和菓子店兼カフェの然花抄院(ぜんかしょういん)で。

これはインスタ映えするでしょう!というスイーツのセットを頂きました。

抹茶の味が濃く、味わい深いスイーツでした。

お口直しにどうぞ、と添えられた塩昆布も美味しかったです。(写真左の黒いのです)

DSC_0012.jpg

うっかり、建物の写真を撮り忘れたのですが、

築300年の歴史ある京町家(もとは呉服商だったそうです)をリノベーションしたお店で、

昔の京都を感じさせてくれました。

ウェブサイトはこちら↓

然花抄院 室町本店

仕事で行った京都ですが、

ちょっとした空き時間に素敵なお店に連れていってくれる地元の友達の存在が、

ありがたいです。

いつか、私が皆様をご案内したいですね。着物で京都へ行けたらいいですね!!

2回目の句会はしだれ桜と花まつりの下竪小路へ。 山口市 おかふじ呉服店

|

3月3日に続いて2回目の、杉山久子先生に習う俳句の会を開きました。

今回は、お出かけして俳句を作る「吟行」です!!

当店から出発し、俳句の題材を探しながら、下竪小路界隈を皆さんと散策しました。

今年は桜が咲くのが早かったですよね。

なので、一の坂川のソメイヨシノは散ってしまっていましたが、

萩山口信金の前の個人のお宅の枝垂れ桜はまだ咲いていて、

それはそれは立派で綺麗でしたよ。

着物姿の私たち、並んでパチリ!

谷崎潤一郎の「細雪」の四姉妹になったつもりです。

(一人多いですが)

30516359_1794352897526292_3360978523786313728_o.jpg

DSC_0103.jpg

ご自宅の枝垂れ桜を見せてくださるだけでなく、

桜のそばに椅子やお茶、お菓子も用意してあり、びっくり。

家主さんの御心遣いがありがたかったです。


そして、今日、4月8日はお釈迦様の誕生日ということで、

法界寺さん、龍福寺さんでは、花まつりが行われていました。

20180408223327.jpg

写真は法界寺さんで幼子のお釈迦様の像に甘茶をかけるYさんです。

それぞれが1時間半ほど散策をして当店に戻り、

外で見たり、体験したりしたことを題材に俳句を作りました。


枝垂れ桜が綺麗だったこと、

着物で歩いたこと、

細雪気分で写真を撮ったこと、

花まつりでお釈迦様の像に甘茶をかけたこと、

風が強かったことなどなど、

見つけた題材をつかって作った俳句はまた素敵なものばかりでした!

自分の感じたことを5.7.5文字で表現するのは

難しいけれど結構楽しい。

皆さんの句を聞いて、鑑賞するのも面白い。

また、機会を作ってやりましょう!

講師の杉山久子先生、

企画してくださった着付け教室「紅鶴」の清水靖己先生、ありがとうございました。

雪の朝でした 山口市 おかふじ呉服店

|

 例年よりも寒い(気がする)今年の12月。

12月17日は、予想外の積雪の朝となりました。

お店の坪庭もうっすら雪化粧して、

万両の実も雪の下。

DSC_7134.jpg

DSC_7130.jpg

そんな寒い日でしたが、

春の卒業式に着る袴を試着するために、

お客様がご来店してくださいました。

DSC_7128.jpg

2年前の成人式のために、当店でお誂えいただいた水色の振袖に

お貸出しできる紺の袴をコーディネイト。

試着なので簡単な着付けにさせていただきましたが、

可愛い女学生の袴スタイルの出来上がり。

「3月の卒業式本番が楽しみ!」と、

お嬢様ご本人もお母様も喜んでくださいました。

成人式だけでなく、卒業式にも振袖が活用できるのは

マイ振袖のお誂えだからこそですね。

M様、ありがとうございました。

着物で華やかクリスマスパーティご報告! 山口市 おかふじ呉服店

|

 山口着物愛好会恒例のクリスマスパーティを、

先日12月10日(日)、湯田温泉のル・マツさんにて行いました!

数えてみれば今年で6年目の開催だったことに改めてびっくり。
続けてこられていることに感謝です。

今回のパーティも、着物コーディネイト解説を兼ねた自己紹介に始まり、

音楽あり、クイズあり、参加者様から着物のプレゼントありと、

予定時間を押してしまうほど盛り上がった楽しい会でした。

着物を久しぶりに着たと、おっしゃる方もいらっしゃいましたが、

どなたも素敵に着物を着こなされていて、

クリスマスを意識した配色や、小物遣いをされている方や、

ブーツや帽子を合わせてモダンガール風にコーディネイトされている方もいらっしゃって、

私は感心させられるばかりでした・・・。

着物の可能性を果てしなく感じました。

参加してくださった皆様、ありがとうございました!!

25073087_10214829727838322_8916877788220934699_o.jpg

24955361_10214829729878373_6666947412152138242_o.jpg

24955614_10214829731958425_7726901316392861950_o.jpg

平野郁乃さんには昨年に続いて、

素敵なバイオリン演奏をしていただきました。

クリスマスパーティにバイオリンの音色が合うー!
郁乃さん、ありがとうございました。

企画、運営している私たち山口着物愛好会メンバー4人です。

17218596_10214829735438512_8494556613433051897_o.jpg

来年も着物で楽しめるような、

着物を着る機会になるようなイベントを

企画する予定ですので、

その際にはぜひご参加くださいね。

イベントの予定は、このおかふじブログでも、

山口着物愛好会のアメブロでも随時発信していきますので

時々、チェックしてみてくださいね。
山口着物愛好会ブログ

山口着物愛好会の浴衣会開催しました! 山口市 おかふじ呉服店

|

 7月22日(土曜日)は、山口着物愛好会で浴衣会を開催しました。

会場は湯田温泉のキッチンロータスさん。

30人もの浴衣美人、美男子が集まってくださいましたよ!

山口にはこんなに浴衣や着物が好きな人がいらっしゃるんだと

嬉しくなりました。

ご参加の皆様、ありがとうございました!

P7221456.jpg

IMG_6331.jpg

浴衣会ですから

ドレスコードは浴衣です!!!

おばさまの浴衣、お母様の浴衣など、

思い出と共に譲り受けた浴衣をお召しの方もいらっしゃいましたし、

この日のために誂えた新しい浴衣の方もいらっしゃいました。

どれも素敵だし、

皆様が話してくださる浴衣にまつわる思い出やエピソードも楽しいものばかり。

浴衣の魅力をあらためて強く認識させられたましたー!!!!

皆様の写真や会場での様子は、

山口着物愛好会のブログでご紹介していますのでそちらも見てくださいね。

→ 山口着物愛好会ブログ

山口着物愛好会では、これからも楽しい着物イベントを企画しますので

フォローお願いいたしますね。

さて、山口では昨日、祇園祭が終わりましたが、

これからは毎日のように近郊で花火大会が行われますし、

8月6日、7日はちょうちん祭りが控えています。

当店では、

すぐに着られるお仕立て上がりの浴衣もまだまだたくさん揃えておりますので

ぜひ、ご利用くださいね!

ブランド浴衣や帯の割引もスタートしてます。

(★男性用浴衣は残りわずかです。ご入用の際は在庫をお問い合わせください)

半巾帯のアレンジ結び「ダブルリボン」 山口市 おかふじ呉服店

|

 先日、着付け教室の小川先生に

半巾帯を使ったこんなアレンジ結びを教えていただきました。

リボンが二つ重なったようで可愛いー。

DSC_6631.jpg

しっかり覚えてお客様への浴衣着付けに活用しますね!!

今度、娘にも結んであげよーっと!

さて、

山口では7月20日から山口祇園祭が開催されます。

当店の近くに

室町時代に大内氏が京都の八坂神社を勧請して建てた八坂神社があり、

山口の祇園祭も600年続いているそうです。

昨年、このブログで少し紹介しているので見てくださいね。

→ ブログ「山口で着物を楽しもう」2016年7月

祭りの行列は夜7時に八坂神社を出発し、竪小路通りを進み、

当店の前を通過します。

一行が通り過ぎるまで、お店は営業時間を延長しますので、

ぜひ、お越しくださいませ。

浴衣で一緒に祇園祭を楽しみましょう!!

浴衣を着物っぽく着る 山口市 おかふじ呉服店

|

 7月に入り、本格的に暑くなってきました。

夏こそ浴衣!

浴衣でお出かけしたいですね!!

でも、

大人の女性から、

浴衣は湯上り着というイメージがあるので、

昼間から浴衣でいるのはちょっと抵抗がある。

というお声をよく耳にします。

私もそう感じてしまいます。

(若い子は可愛いのですけどね。)

そんなときは、

浴衣を着物のように着てみませんか?

DSC_6613.JPG

上の写真、着ているのは綿100パーセントの浴衣です。(そしてゆめ)

木綿の浴衣の下に、衿付きの肌着を着て、

夏の名古屋帯、帯締め、帯揚げを使うと、

すっかり夏の着物に見えるでしょう?

名古屋帯を締めるのが無理でも、

少し良い素材の(博多織とか)の半巾帯をキリッと締めると、

きちんとした雰囲気が出ます。

足元には足袋もお忘れなく。


下の写真、

普通に浴衣として着るとこんな感じです。

肌着は衿のないものを着用しています。

帯はカラフルな半巾帯がいいですね。

足元は素足で、

花火大会や、盆踊りにはこのスタイルで。

DSC_6605.JPG

今年の夏はぜひ、

2通りの浴衣の着方にチャレンジしてみてくださいね。


それから、

浴衣の下に着る肌着は

直接肌に触れるので、汗を吸ってくれる綿素材がおすすめです。

衿付き、衿なし共、当店でお取り扱いしていますので

店頭で見てくださいね!

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

きもの季節のコーディネイト: 2019年9月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちきもの季節のコーディネイトカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはきもの基礎知識です。

次のカテゴリは季節の催事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。