きものおかふじの最近のブログ記事

秋にお勧め伊勢木綿 山口市 おかふじ呉服店

|

 浴衣のシーズンも終わりに近づいてきたので、

店内のディスプレイを夏から秋へ、

浴衣から伊勢木綿に替えました。

チェック模様がクールなのです!

帯は奥順さんの八寸帯を合わせました。

IMG_6401.JPG

 木綿は単衣仕立ての着物になるので、

春や秋に着るのがおすすめです。

(冬に着てはいけないわけではありませんが布地は薄手です)

お値段も手ごろなので、若い世代に特に人気があります。

当店も少しずつ、品物を増やしていっていますので

ぜひ、ご覧になってくださいね、


さて、

8月14日、15日、16日、17日の4日間

山口店はお盆休みを頂きます。

美祢本店のお盆休みは15日、16日の2日間です。
どうぞご了承くださいませ。

お盆休みのお知らせ 山口市 おかふじ呉服店

|

 暑い日が続きますねー。

台風の進路も気になるところです。

DSC_6733.jpg

   ★今日の床の花、ムクゲです。★

 あまりに暑いからでしょうか、

お客様のご来店時間も、ほぼ、午前中か、夕方と決まっているので

昼間の店内は静かです。

私はパソコンで事務作業などをしています。

カタカタカタ・・・。さみしいー。

そこで、皆様、

お近くを通られたら、ぜひ、お店に寄ってくださいね。

最近、水出し煎茶のおいしさを知りまして、

店の冷蔵庫にも水出し煎茶を作って冷やしていますので

どうぞ、飲んで一服していってください。

お待ちしてます!!


さて、

山口店のお盆休みのお知らせです。

平成29年(2017年)

8月14日(月)から17日(木)4日間

お盆休みをいただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

屋外で振袖写真の前撮り 山口市 おかふじ呉服店

|

 先日、お客様の振袖姿の前撮りをしてきました。

今回は、事前にお客様と

屋外でロケして写真を撮ろう!と計画していたのです。

一の坂川の桜はまだ咲いていませんでしたが、

寒すぎず、外での撮影にちょうどいいのがありがたかったです。

まず、瑠璃光寺にて撮影開始です。

DSC_6048.jpg

撮影してくださったのは、あったかフォトグラファーわか こと

豊島和賀子さん。

ママさんカメラマンなんですよ。

わかさんが楽しく話しかけながら撮影するのでお嬢様もリラックスして、

自然な笑顔がたくさん出ました。

さすがプロです!

DSC_6054.jpg

この建物は県庁横にある、県政資料館です。

雰囲気の良い建物でしょう?

シックな建物がお嬢様の華やかな振袖姿を引き立ててます!

ちょっとタイムスリップしたみたいですね。

どんなすてきな写真が撮れたか、今度、見せていただけるかな?

楽しみにしております。

大殿ひなさんぽ2月26日(日)でひな祭り気分を!  山口市 おかふじ呉服店

|

 お雛様を愛でながら町をぶらりと散歩しませんか?

山口市の大殿地区では、

「大殿ひなさんぽ」が今年も開催されます!!

古い風情のある町家が残るこのエリア、

あちこちの施設にひな人形を飾って

お客様をお迎えします。

お雛様飾りのワークショップや、

グッズの販売、

コンサートなど楽しいイベントも予定されているそうですよ。

17ひなさんぽ.png

17ひなさんぽ2.png

 昨年は、NHK山口のニュースでも放送されたので、

来場者がとても多かったそうです。

今年も賑わいそうです。

当店は昨年、大殿地区に移転してきたので今回初参加となります。
春を感じる着物や帯、そして、可愛いグッズもご用意しています。

ぜひぜひ、お立ち寄りくださいね。

このチラシもお配りしています。

伊勢木綿で春スタイル 山口市 おかふじ呉服店

|

 まだまだ寒い日が続きますね。

でも、もうすぐ立春。

ということで、

伊勢木綿と名古屋帯で春コーデ作ってみました!

DSC_5870.jpg

水色系のチェック模様がかわいい伊勢木綿

白地にカラフルな線が模様になっている西陣織の名古屋帯

渡敬さん無地の帯揚げ

和小物さくらの帯締めを合わせて。

皆様も、

着物スタイルに小物だけでも春色のものを取り入れませんか?

和小物メーカー各社さんより

帯締め、

帯揚げ、

バッグなど、

春色小物いろいろ入荷していますよ。

どうぞお気軽にご来店くださいね。

DSC_5872.jpg

2017年成人式に 山口市 おかふじ呉服店

|

 今日は山口市の成人式。

店内でお客様に振袖の着付けをさせていただきました。

華やかな振袖姿、やっぱりいいものですね。

IMG_6118.JPG

IMG_6113.JPG

IMG_6127.JPG

IMG_6134.JPG

成人式に着る振袖は、

購入される方もありますし、

ママや親戚の振袖のシミをきれいにしたり、

寸法を直したりして着る方もいらっしゃいます。

当店では新しい振袖の販売はもちろん、

お客様お手持ちの振袖の染み抜き、

お嬢様に合わせた寸法直しのご依頼にも

数多く対応させていただいていますので、

どうぞお気軽にご相談くださいませ。
良いものは年月を経ても魅力的ですものね。

簡単!半衿付け講座やりました。 山口市 おかふじ呉服店

|

 17日(日)、お店の2階で、簡単!半衿付け講座を開催しました。

講師の先生から説明を受けたあと、

皆さん、持ってこられた長襦袢に半衿を、

スイスイと縫い付けられていました。

面倒くさい半衿つけも、コツを習えば簡単!!

それにおしゃべりしながらなので、皆さんはかどったみたいですよ。

DSC_5000.jpg

作業が終わったら

和菓子とお抹茶のティータイム。

DSC_5004.jpg

このお菓子は淡雪です。

(当店お向かいの菊寿堂さんのです)

たまにはお抹茶を静かにいただく、そんな時間もいいものですね。

着物を着て、楽しむ機会があってもいいなー。

アイデアはいろいろ、

また、このような和の講座を開催しますので

楽しみにしていてくださいね。

一日和裁体験、半巾帯を作ろう! 山口市 おかふじ呉服店

|

 4/25更新 定員になりましたので締め切らせていただきます

「和裁」と言えば、難しそうというイメージがあるかもしれませんが、

半衿を縫い付けたり、ほつれを直したりと、

着物を楽しむなら、針を持つ機会は結構あるので

まっすぐに縫う運針を習いたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで、

和裁士さんに運針を習ってみませんか?というのが

今回の一日和裁体験の目的です。

そして、運針の練習も兼ねて、半巾帯を手縫いで作ります。

写真はお手本の半巾帯なのですが、(可愛い柄ですね)

参加者の皆さんはお好きな柄の生地をご用意ください。

1460988429783.jpg

表と裏、異なった生地で作るとこのようにリバーシブルができますが、

表と裏を同じ生地にしてもいいですよ。


開催日時  平成28年5月26日(木) 13時から16時

場所    岡藤呉服店山口店 2階和室

参加費   500円と芯代400円の合計900円

用意していただくもの 表地と裏地(同じでも別のものでも320センチから400センチ)

          木綿でも絹でも可

          裁縫道具、糸(生地と同じ素材、表地と同じ色)

          くけ台(机上くけ台)、かけ針(けんちょうき)、まち針、

          裁ち切りバサミ、チャコ(ペンシル可)、

          なるべく長いさし(2尺さし)、1尺さし、30センチさし、

          指ぬき(金属でも布製でも可、パッチワーク用はダメ)

★ぬい針はこちらで用意します(無料)

募集人数  6名(2名すでに申し込みいただいていますので残り4名)

講師   小川光さん

お申込み、お問い合わせ 岡藤呉服店山口店083-924-3322

お申込みいただきましたら、詳しいプリントをお渡しします。

お気軽にご参加くださいね。

4月22日現在 お申込み3名様になり 残席3名様です。

今の店舗での営業は3月15日(火)までです。 山口市 おかふじ呉服店

|

 うるう年の今年は、

1日多いはずなのにやっぱり2月はあわただしく過ぎ、

もう、3月がやってきます。

早いものですね。

再度のお知らせになりますが、

おかふじ山口店は、3月26日(土)からの新店舗オープンの準備のため、

今のお店での営業を3月15日(火)までとさせていただきます。

少しの間、ご不便をおかけしますが、どうぞご了承くださいませ。

美祢本店はいつもどおり、営業しておりますので

山口店の休業の間は、美祢本店のご利用をお願いいたします。


山口店在庫処分セールは営業最終日3月15日まで延長して開催いたします。

店頭の商品がこの期間だけ、

値札の20パーセントから50パーセント引きです!!!!

今ある在庫を少しでも減らして、

新しい商品を沢山仕入れたいと思っています。

どうか、ご協力を!

どの商品もホントにお得なんです。

安いからと、2点、3点のお買い物をしてくださるお客様も多いのですよ。

ぜひ、お店をのぞいてみてくださいね。

DSC_0438.JPG

新店舗の場所は、

大内氏の歴史薫る大殿地区で

着物姿もよく似合います。

どうぞお楽しみに待っててくださいませー。

八掛選びの楽しみをご一緒に! 山口市 おかふじ呉服店

|

 このカラフルな写真は何と思われますか??

八掛の生地の色見本なのです。

在庫処分セール中の当店、

着物をお誂えの際、

その着物に合わせる八掛を選ぶことも多く、見本帳は大活躍しています。

DSC_0423.jpg

八掛とは、

着物の裏地の一部で、裾の裏や、袖口の裏などに縫い付けます。

裾が翻ると、この八掛がチラリと見えるので

どんな色にするのかはとても重要なんですよ!!

下の写真、

仕立てあがっている着物のピンクの布地が八掛です。

DSC_0424.jpg

八掛は表地と似た色にするか、

反対色にするか、

明るくするか、渋くするかは、

どんなシーンで着たい着物か、

どんな印象にしたいかなどによって

変わってきます。

昔は若い娘さんの着物にはどんな着物であろうと赤や、濃いピンクや朱色の八掛を付けると、決まっていたようです。

(昔の着物を見るとそんなのが多いですよね)

たとえば水色の着物の裏にも真っ赤な八掛がついています。

表と極端に反対の色は

今のセンスで見るとちょっと残念な感じ・・・。

そのような色合わせ、今はしません。

着物は色の足し算です。

だからこそ、センス良く足していきたいですね。

お店ではいろんな色の見本を着物に合わせて置いてみて、

ご説明やアドバイスさせていただきます。

自分で選んだ色を組み合わせる楽しみは、お誂え着物ならではですので

セールこの機会にぜひ、着物選び、八掛選びして

ご自分の着物を誂えてみませんか?




今のお店は3月15日までの営業です。

それから移転作業し、新店舗オープンまで休業とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、ご了承くださいませ。

竪小路の新店舗は3月26日(土)がオープンです。お楽しみにしていてくださいね!

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちきものおかふじカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお客様の声です。

次のカテゴリはきものでお出かけです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。