和装教育の推進の最近のブログ記事

着付け教室始めます! 山口市 おかふじ呉服店

|

 生徒さん募集のお知らせです!!

当店の2階の和室で着付け教室を始めることになりました。

自分で着物を着られたら、もっと着物がたのしめますね!

着付けを習うのが初めての方も、

過去に習ったたことがあるけれど復習したいという方もどうぞ。

グループでのレッスンになりますが、

お一人でもいつでも

随時ご入会いただけます。

細かくカリキュラムは組まずに、

生徒さんのそれぞれのペースに合わせてすすめます。

毎週通えない方もどうぞお越しください。

まずは、金曜日に見学してみませんか?

開催日、時間   午前10時から12時まで(2時間)

         毎週金曜日(月4回)

受講料  入会金無料です。

     1か月4回参加できる方は4000円(金曜日が5回ある月も4回だけ行います)

     ただし、毎月4回参加するのは無理とおっしゃる方は

     参加できる金曜日だけ1回1200円で受講できます。

講師   尚美流着付け講師 小川光先生

持参するもの  

 お手持ちの着物(自分の身長の身丈があるもの)

 なごや帯

 長襦袢(半衿を付けておいてください)

 肌着

 和装ブラ(Cカップ以上の方はお勧め)

 足袋

 薄手のタオル2,3枚(補正に使います)

 腰紐3本

 伊達締め2本

 コーリンベルト

 衿芯

 帯枕

 前板(ゴム付きが便利)

 帯締め、帯揚げ

 足りないものがあってもご自分で購入されず足りないままお越しください。

 使いやすいものを先生から聞かれるといいですよ。

 お分かりにならない場合はお気軽にお問い合わせくださいね。 

 お申込み、お問い合わせ先 岡藤呉服店山口店

            岡藤恵へ  電話083-924-3322

            又はメールへ info@kimono-okafuji.com

写真のように、なごや帯のお太鼓結びが結べるようになりますよ

20150425_150758.jpg

ご参加お待ちしています!(^^)! 

ご注意★ 当店には駐車スペースが少ししかありませんので

    お車は近隣の駐車場にお止めいただくことになるかもしれません。

    その点はご了承いただきますようお願い申し上げます。

中学校で浴衣の着方講習会

|

 今年も中学校に行って、

生徒さんに浴衣の着方を指導してきました。

子供たちに、和装に興味を持って、学んでもらおうと

呉服業界、着付けの先生方、和裁の先生方で作っている

NPO法人和装教育国民推進会議という団体があるのですが

当店も参加し、活動のお手伝いをしています。

今回も、その活動として、

会員の着付けの先生方と一緒に指導に行ってきました。

家庭科の授業を2時限使わせていただいて、

始めに浴衣の由来、浴衣の形、浴衣の着方を簡単に説明したあと、

講師が指導しながら、生徒さんに実際に浴衣を着てもらうのです。

全員が自分で着るの初めてだったそうですが、

一生懸命頑張って、ちゃんと着れましたよ!!

IMG_0044.JPGのサムネイル画像

生徒さんの着姿を後ろから撮らせていたいた写真です。

帯結びも自分でしたのですよ!上手でしょ?

生徒の皆さんも嬉しそうでした!!

着てみる、という体験はとても貴重です。

男子は、なかなか機会がないと思うので特にです。

でも、グローバルな時代に生きる若い皆さんにとって、自分の国、日本の文化や風俗を知ることは

とても大事だと思います。

今回の体験がきっと役に立つはずです。

受け入れてくださった中学校の先生方、

ありがとうございました!!

生徒の皆さん、ありがとうございました。

附属山口中で浴衣の着方講習会 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 当店の近くにある山口大学教育学部附属山口中学校より、

生徒に浴衣の着方を指導してもらえませんか?とご依頼をいただきました。


生徒さん達は9月の文化祭で、「和」の活動をするグループだそうで、

お抹茶のお接待もするそうです。

「和」に注目してくださるなんて!!嬉しいですね。


生徒さんが18人いらっしゃるとお聞きしたので

3人で指導に行ってきました。

私と、山口の街並を着物で歩こう会メンバーが2人です。


会場は家庭科教室でしたが

先生がエアコンを入れてくださったので、快適な中での講習となりました。


まず講師が、浴衣を着て帯を締めるところまで皆さんの前で解説しながら実演します。

写真は帯を前で結んでいるところです。

出来たら後ろに回すのです。


1.jpg



そして、生徒さん達が3つの班に分かれて、実際に浴衣を着てもらうのですが、

班ごとに講師がついて指導するので、初めての人でも大丈夫!

3.jpg

2.jpg


全員がちゃんと自分で浴衣を着て、帯を締めることができました!


それで終わりではないんですよ、

文化祭の当日に生徒だけで着られるようになるために、

着てもすぐ脱ぎ、何回も着て、手順を覚えていきます。

始めは慣れていない動きに戸惑っていたけれど、

みんな熱心に取り組んでくださったので

最後はみんな1人で着られるようになりましたよ!



きっと、文化祭当日は

可愛い浴衣姿でお客様をおもてなしされることでしょう。

ご父兄も驚かれるかも!



山口大学附属山口中学校の

「和、アート、書道班 心花」の皆さん、ありがとうございました。

文化祭、頑張ってねー!


このように、中学生に浴衣の着方を教える活動は

いつでも行っていますので、

山口県内の学校でご要望がありましたら当店までご連絡ください。

NPO法人和装教育国民推進会議 に参加して行っている活動です。



着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処おかふじ



和装教育の支援活動しています 山口市 おかふじ呉服店

|
P1000369.JPG

中学生が浴衣を着ることに挑戦している写真です。

私昨年、山口県内の中学校で浴衣の着方教室を行ったときのものです。


当店は、子供たちに、和服、和装のことをもっと知ってほしいという思いから

NPO法人和装教育国民推進会議の山口県支部の一員として

中学生や高校生に浴衣を体験してもらう活動をしています。

参加している会員は、当店のような呉服店と、着付け教室の先生、和裁士さんです。

写真のように、

依頼を頂いた学校へ浴衣を持参して、子供たちに直接、指導しています。



着物も浴衣も着たことがないという子供さんが多い時代です。

子供たちには浴衣を着たあと、そのままで階段を上ったり、走ったりして、

洋服との違いを体験してもらうのですよ。

どこの学校に行っても、子供たちは熱心に挑戦してくれるので

指導する着付け師の先生も呉服店のスタッフも一生懸命です!


ある学校から、子供たちが書いてくれた感想を頂きましたので紹介します。

浴衣を着てみて

良い点

〇 色や柄がとても多く、着るととても嬉しくなる。
〇 たたむと収納が楽。薄くなる。洋服はこうはいかない。
〇 動き辛いがそれがいい。自分の行儀を良くしてくれる。
〇 和服は地味と思っていたが色々な柄や色が合ってコーディネイトできる。
〇 すごくきれい。色が綺麗。
〇 布一枚なのに暖かい。
〇 着心地が良い。
〇 少し工夫をすれば動きやすくなる。
〇 帯のおかげで姿勢がよくなる。
〇 上品
〇 涼しい

不便な点

〇 薄いので座ったら足が痛かった。
〇 着方がすごく難しいので初めての人は無理。
〇 足が開きにくいので歩きにくい。
〇 ゆったりしているが着くずれしやすい。
〇 動きづらかった。走りにくい。
〇 しわが入りやすい。


そして、こんな意見も。

〇 和服は日本の伝統的な物なのでちゃんと残したい。
〇 どこに行っても大丈夫な服装だと思う。



予想以上に、良い点を沢山挙げてくれていたのに驚きました!



この体験を忘れずに、子供たちが今後、浴衣を着てくれたら嬉しいです。

私達はこれからも協力していきます!



着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処おかふじ

美祢市立伊佐中学校で浴衣講習会を行ってきました 山口市 おかふじ呉服店

|

 子供たちに和装に親しんでもらうために

依頼があれば、浴衣や帯など必要なものを一式持って、

中学校や高校で浴衣の着方体験授業を行う活動をしています。

これはNPO法人和装教育国民推進会議の活動の一つです。



先日、うちの主人の出身校でもある、美祢市立伊佐中学校から依頼を頂き、

浴衣の着方の講習会を行ってきました!

私と一緒に、西日本和装学院の先生4名が指導に行ってくださいました。



はじめに一通り、講師の先生から浴衣の着方の手順の説明を受けた後、

さあ、みなさん、着てみましょう!


P1000369.JPG

女子は着る丈を合わせたり、おはしょりを整えたりが難しいのよねー。

がんばれー!!



P1000374.JPG

男子が角帯を締めているところです。

前で貝の口という結び方をして、結び目を後ろに回してできあがり。




女子も帯結びをがんばっています。

女子の帯は文庫結びです。

P1000373.JPG


女子の皆さん、かわいくできましたね!

カラフルな浴衣と帯でかわいいね!


みなさん、一生懸命チャレンジしてくれました。


P1000375.JPG


全員が浴衣を着たら

浴衣を着たままで階段を上り降りしてみたり、

走ってみたり、手を挙げてみたり、

洋服を着ている時との感覚の違いを体験してもらいました。


動きにくいという人もいれば

普段と変わらないと言う人もいるし(ほんとかな?)、いろんな意見がでましたが

皆さんにとって、いい経験になったと思います。


これを機会に、浴衣や着物を着てみようと、

おもってくれたらいいな。




浴衣の着方の講習会はいつでも開催しますので

学校の先生方からの依頼お待ちしています。



着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ

単衣の着物に半巾帯で 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
 このところ、初夏を思わせる程暑い日が続いている山口です。

近所の子供たちはもう半袖で走り回ってるー。

そこで、私も単衣に衣替えしました。


今日の着物は

グレーに白いよろけ縞の紬着物です。(祖母のお下がりなんですよ)

13684975036422.jpg


帯は、木綿の絞りと麻の無地を合わせたリバーシブルの半巾帯。

藤娘きぬたやの半巾帯です。

無地の方を表に巻いていますが、一部分折って裏を見せて使ってアクセントに。


これからの季節、軽くて手早く締められる半巾帯が便利ですよね。

半巾帯のいろんなアレンジ結びにも挑戦してご紹介したいと思っています。

お楽しみにー。



さて、明日は、

山口市立阿知須中学校に行って、

2年生の皆さんに浴衣の着方を教える授業をします!


NPO和装教育国民推進会議の活動です。


初めて浴衣を着る子どもさんもたくさんいらっしゃると思いますが

浴衣を自分で着てみてどんな感想を聞かせてくれるかな?

楽しみです!!



着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処 おかふじ

和装教育国民推進会議 今年も始動しました。 山口市 おかふじ呉服店

|
IMG_08691.jpg

昨日は、和装教育国民推進会議 山口県支部の新年初の会合でした。

和装教育国民推進会議って、堅苦しい名前ですが、みなさんに着物をもっと着てもらうために活動しているNPOなんです。


山口県支部に参加しているのは、有志の山口県内の呉服店、着付けの先生方、和裁の先生で、

昨日の会合には10名が出席しました。(1名、途中退席されたため写真には写っていませんが)

写真前列は右より、(有)そごう呉服店さん、(株)エムラさん、(株)藤本さん、岡藤呉服店の私。

後列は着付けの先生方です。

着物をもっと着てほしいという共通の思いで、お店も流派もまちまちの和装関係者が集まって活動しています。


山口県支部の主な活動はこちら。

◎ 和装教育をすすめる・・・・中学校に行って生徒対象に浴衣の着方講習を開催する。
                  希望があれば高校等でも行っています。


昨年(平成23年)は、防府市立右田中学校、山口市立白石中学校、阿東東中学校、阿東中学校で

浴衣着方講習会を行いました。

  平成22年の白石中学校での講習の様子です。こちらをご覧ください
  http://www.kimono-okafuji.com/blog/2010/07/post-221.html


学校で生徒にきくと、浴衣なんて自分で着たの初めてという子供がほとんどなんです。

そして、みんな楽しかった、うれしかったと喜んでくれるので指導した私たちも嬉しくなります。

それと同時に、家庭での和装教育の伝達が行われなくなった今、誰かが、教えなければ

和装そのものの衰退化が止まらないという危機感を強く感じました。


4月からの新しい指導要領の家庭科の教科書には、着物の部分の名称や、浴衣の着方が載ることになりました。

私たちは、学校に行って行う浴衣講習のほか、指導する側の先生方に対する講習、指導のカリキュラム作りのサポートも

致しますので、どうぞご相談ください(当店が窓口になっています)



そのほか、

◎和装振興・・・・着物を着て楽しむ機会を作る、という活動も行っています。

着物で集まってたのしむ会「きものの集い」は、今年も秋に開催するべく計画中です。




この会議は、呉服屋さん同志、着付けの先生同志の情報交換の場にもなっていて

活気があるんですよ。

山口県内の呉服店、着付け講師の先生方で、一緒に活動してみたいと思われる方の

ご参加おまちしています。当店にお問い合わせください。




中学校で浴衣の着方が必修になります。 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|

久しぶりのブログ更新です。

パソコンが新しくなって、いろいろ設定に手間取っていました・・・。

やっと、なんとかなってきました。

 

さて、ビッグなニュースです。

平成24年度から中学校の技術家庭科において、

ゆかたの着方を学ぶことが、必修学習として採用されることになりました。

もちろん男子も女子もです。!

 

中学生全員が、学校で浴衣の着方を習い、

実際に着ることを体験することになったのです!!

 

いままで、

和装業界を挙げて、希望される学校や団体に出向いて、

浴衣の着方講習会を開く活動を行ってきました。

(NPO法人和装教育国民推進会議 という組織で活動しています)

 

「今後、絶対にこのような機会を子供たちに作っていかないと

着物というものを知るきっかけすら得られないのではないか。」という危機感を感じていました。

なぜなら、

テレビの中の映像で見ることはあっても

着物は身近なものでなく、まわりにいる親も、おばあちゃんも着ない。

そんな環境の子供がほとんどだからです。

 

着物に触れたことがないという子が多いのには驚きました。

 

 

私たちが浴衣を用意し、着方の講習を行うと

子供たちの反応はすごいんですよ。

全員が講師と一緒に、一人一人浴衣を着るので

とっても楽しくて活気あふれる会になります。

「初めて浴衣を着た。」

「自分で着れた、嬉しい」

と、みんな目を輝かせて出来栄えをお互いに見やっているのです。

目に触れ、着ることで、身近になり興味をもち、好きなる、

そんな機会を作ってあげたい。

これは、教育として作らなればいけないと感じていました。

24年度からの必修化、ほんとうによかった!

 

必修化後も、指導面でお手伝いしていきますよ!

 

今年も山口県内で希望される数校から、浴衣講習の依頼を受けています。

ご希望の学校がありましたらどうぞ、当店までお問い合わせくださいませ。

詳しくご説明させていただきます。

 

083-924-3322  岡藤呉服店

Eメール info※kimono-okafuji.com (スパム防止のため@を※に変えて表示しております)

01.jpg

 

 

中学校で浴衣の着方講習会を実施します 山口市 おかふじ呉服店

|

3月11日に起きた東北関東大震災。

悲惨な状況をテレビで見て、ほんとうにつらい。悲しい。

今後、被災にあわれた人たちを自分含め、

国民全員で助けていかなければと思うばかりです。

そして、

遠くにいて無事な私たちが、今すべきことは

私たちが出来うることを一生懸命するしかない。

そう思っています。

 

明日は、今年度始めから計画していた

浴衣の着方講習会を、岩国中学校で開きます。

本当は夏前に実施しておきたかったのですが

学校の行事との兼ね合いで、春の実施となりました。

 

2年生全クラスの男子も女子も全員に、浴衣を自分で着てもらうんですよ!!

指導はNPO法人和装教育国民推進会議山口県支部のメンバーの

山口県内の呉服屋さんのスタッフ、着付けの先生がいたします。

さあ、どんな会になるやら。わいわい賑やかな楽しい会になりますように。

 

 

当店も加入している「NPO法人和装教育国民推進会議 山口県支部」では

中学生に和装体験してもらう活動をしています。

 

浴衣や帯、腰紐などは全てお貸しして、学校に指導に行きますので

ご希望される学校は、ご連絡ください。(当店が、事務局をしております)

   今年度の浴衣講習を実施した学校は以下の4校です。

    防府市 右田中学校

    防府市 大道中学校

    山口市 白石中学校

    岩国市 岩国中学校

 来年度は、もっと多くの学校で実施したいと思っていますので

学校からのお問い合わせや、お申し込みをお待ちしています。

★山口県以外の学校からのお問い合わせも、どうぞ。

 その学校のある県で実施している支部をご紹介します。

 山口市本町1-1-14 おかふじ呉服店 

 電話 083-924-3322まで

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち和装教育の推進カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは着物を誂えるならです。

次のカテゴリはイベントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。