山口で着物を楽しもうでタグ「きもの」が付けられているもの

着物の暑さ対策に「半襦袢」

|

 まだ時々、肌寒い日がありますが、もうすぐ5月。

着物を着ると、汗ばむ季節がやってきます。

 一応、昔からの決まりごとでは、5月は、裏地の付いた着物を着ることになっています。

でも、最近は、暑くなる時期が早まっているので、5月下旬ぐらいから、裏地をつけない

着物(ひとえ仕立て)を着てもよいそうです。

そして、長襦袢もひとえ仕立てのものに着替えます。

 

でも、肌着、長襦袢、着物と3枚重ね着すると暑いし、汗をかく!!

そこで、1枚で肌着と襦袢の役割を果たしてくれる半襦袢がおすすめです。

 

半襦袢は胴部分をサラシで作り、袖はポリエステルの長襦袢地で作るのです。

袖と同じ長襦袢地で裾よけをつくって着ると、二部式の長襦袢のようになりますね。

着物を着てしまえば、普通に長襦袢を着ているように見えるので、俗に「うそつき」

なんて呼ばれてます。

汗をかいても、家で洗濯できる点が便利ですよ。

少しでも快適に、着物生活を楽しみましょう♪

 

嬉しい話

今日、「おかふじのホームページ見ましたよー。」と声を掛けていただきました。

「ホームページの着物のコーディネイトが素敵ですね。」と、着物がお好きなU様からです。

とっても嬉しいお言葉をいただいて、ますますがんばろー!!と力が湧いてきました。

U様、ありがとうございますっ。

ホームページもまだまだ進化させますので、また、見てくださいね。

おすすめの品

|

京友禅振袖.jpg

手描きの京友禅振袖です。

振袖にしては珍しいグレーがかったベージュ色の地色ですが

模様ははっきりと全体に伸びやかに描かれていて、若々しさが感じられます。

花びらの白と紫が効いていて、目をひきますね。

すべての色を手でさしているので、立体的で、色に深みがあります。

写真の帯のほかにも、濃い色の帯を合わせると全体が引き締まると思いますよ。

  是非、実物を見ていただきたいです!

着物の誂え - 山口で着物を楽しもう

|

 着物を誂えてもらうのって難しそう・・・。と思われますよね。

確かに、誂えるなら、いくつもの過程を通って着物はできあがるので時間もかかります。

でも、手間がかかるぶんだけ、出来上がったときの楽しみも大きいですよ。

 

 着物は巻きつけて身につけるので巾や丈を調整して着ます。

だから、よほど体型に違いが無ければ、どの着物でも着れない、ということはないです。

でも、自分の寸法にあわせて作った着物は身につけると、身に添ってくれます。

着るときもラク、着崩れもしにくいです。

だから、着物に慣れていない方にこそ、自分用に誂えた着物を着ていただきたいな・・・と思います。

本当に、ラクなんですよ。

 

まず、浴衣からでも呉服屋さんで、反物から誂えてもらってはいかがでしょうか。

湯田温泉白狐まつりで着物体験できます!!

|

「山口の街並を着物で歩こう会」からお知らせをいただきました。

 

 4月5日(土)、6(日)に開催される湯田温泉白狐まつりで着物体験ができるんですって!!

内容をご紹介します。

   

    場所   ホテルかめ福

    着付け料金  500円  

    2時間着物レンタル無料です。  自分の着物を持ち込まれるのなら時間はいつまででもOK

         足袋、肌着、補正用にタオルを2?3枚持って行ってください。(ない方は200円でレンタル)

    予約は当日のみ、着付け場所でおこないます。

    (持ち込みの着物は留袖、振袖以外)

    受付時間  4月5日(土)  10:00?19:30  (最終返却 20:30)

              6日(日)  10:00?13:30  (最終返却 14:30)

 

 この機会に、着物を着てみたい、興味のある方はぜひ、参加してみてくだいね。

四月の初旬といえば、桜が満開かもしれません。まつりのメイン会場の高田公園には、桜の木が

たくさんあるので、写真がいっぱい撮れますよー!!

   

 当店も 山口きもの振興会の一員として、レンタル着物の購入に協力しています。一人でも多くの方に着物を着ていただけたらうれしいです。♪

なにかご質問があれば、当店からでも、問い合わせいたしますのでどうぞ。

おしゃれ京伝

|
京伝

 山東京伝という人をご存知でしょうか?

江戸時代を代表する戯作家です。黄表紙や洒落本で大評判を得、浮世絵も描いていました。

のちに開いた煙草入れ店では、京伝の描くチラシやオリジナル商品が大人気だったそうです。

この絵も京伝が自画像とした「艶次郎」というキャラクターです。

鼻が上向きで、思わず笑えてしまうキャラクターですね。

 

3月14,15日のおかふじの展示会では

この京伝の洒落っ気たっぷりの遊び心を取り込んだ着物や帯をご紹介いたします!!

「艶次郎」がのれんをめくって、お待ちしております。

展示会のお知らせ

|

岡藤呉服店 春の催事  春の名匠作品展のお知らせです

 

   とき   3月14日(金)、15日(土)

   場所   ホテルかめ福  2階 紅梅の間にて

 

取引先各社のご協力を得まして、今年もかめ福さんで展示会を開催することなりました。

皆様、どうぞお気軽にご来場くださいませ。

 

おかふじの年間の最大の行事のひとつです。

美祢本店、山口店のスタッフ全員で企画から品揃えまで吟味して参りました。

特選呉服から振袖、おしゃれ着、超特価の赤札品まで、会場いっぱいご覧いただけます。

 

来場ご奉仕品のご案内(事前に必ずご予約くださいませ)

 A  本革草履のお誂え   28.000円の品  15,000円で会場にてご奉仕します。

     職人さんにより、その場で鼻緒をすげますので、お足にぴったり!!

     ぜひ、この機会にお作りください!!

 

     写真は土台と鼻緒の見本です。

     会場にてお好きな土台と鼻緒を選んでくださいね。

     店に数点、見本を置いています。礼装用もおしゃれ用もございます。

 

  草履

 

B   国産デコポン大玉5キロ  3,800円の品  2,000円で会場にてご奉仕します。

     藤井食料品店 の野菜ソムリエ 藤井洋和さんのお勧めです。

     ご予約お待ちしております。

 

展示会の中身をこれからも、どんどんご紹介いたします。どうぞ、見てくださいね。 

お振袖

|

振袖 まどかさま

お客様のお振袖が仕立て上がりました。

来年、成人式を迎えられるお嬢様ご本人は、県外に出て、学校に通われているのですが

お母様がショーウインドウに飾られていたこのお振袖を一目見て気に入られて、お求め下さったのです。

ありがとうございます!

黒地にのびやかな梅花と霞がえががれた豪華な京友禅のお振袖です。

袋帯も実は黒地なんですが、金地が多くて黒地の振袖によく合っています。

とても素敵な取り合わせになりました。

お客様も出来上がりをとても気に入ってくださったので、本当によかったです。

 

来年、お嬢様の振袖姿を私も楽しみにしています。お店に見せに来てくださいね!!

カメラを準備して待ってます!!

小物で季節をさきどり

|

一年で最も寒いこの時期。

朝の冷え込みも厳しいですね。 でも、春はもうすぐ。

着物の楽しみは組み合わせを楽しむことも、そのひとつ。

この時期、春を感じる組み合わせを楽しんでみてくださいね。

 

こんなに寒くても、枯れた草の下からは、若い新芽が生えているし、

桜の枝には、もうすこしでピンク色が覗きそうなつぼみがついていますね。

そんな淡い春の色をまず、帯〆や帯揚げという小物で取り入れると、春らしい♪

 

 

着物では、季節を先取りするのは、まず、小物から・・といわれているんです。

小物から、帯、着物と替えていくのだそうです。

これは衣替えのときにも当てはまります。まず、小物から季節を先取りして

替えていくのだそうですよ。

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。