山口で着物を楽しもうでタグ「小千谷縮」が付けられているもの

市民会館で能鑑賞 山口市 おかふじ呉服店の

|

7月29日、明治維新150年を記念した薪能が開催され、

行ってきました。

ずっと晴れの天気が続いていたのに、

よりによって、この日に台風が山口を直撃するという天気予報でびっくり!

そこで、野田神社能楽堂から

山口市民会館へ会場が変更になりました。

市民会館では篝火を焚けないので

薪能と呼べなくなってしまいましたが、

素晴らしい能と狂言を鑑賞することができました。

★写真は市民会館のステージ上に作られた能舞台。

DSC_0432.jpg

DSC_0433.jpg

今までにない酷暑の今年、

冷房の効いた市民会館で鑑賞できたことは

ありがたかったかもしれません。

おかげで舞台に集中できました!

演目は、

維新150年を記念した「翁」

仕舞「枕慈童」

狂言「末広かり」

そして半能の「石橋」

能はよくわからない、難しいと言われますが、

解説のパンフレットなどからざっくりと全体のストーリーが分かれば

充分鑑賞できますよ。

また、狂言はセリフがさほど難しくないので

現代人でも聞いて理解でき、

ストーリーも演者の動きもコミカルで

コントのようです。

そして、いつも着物に関わっている私は

ついつい衣装も気になるところ。

能衣装も、狂言の衣装も、

今の着物と形から大きく違うし、

注目して見ていました。

皆様もぜひ、機会がありましたら

能や狂言を鑑賞してみてくださいね。

最後にこの日の着物スタイル。

受付を手伝っていた友人と撮りました。

2人とも小千谷縮(麻の夏着物)です。

(友人のヒトデの帯留め見てみて!可愛いー。)

和文化の鑑賞には着物で行くと

より気分が高まりますね。

この日も台風で雨模様だったのにも関わらず、

着物で来ていた方が何人もいらっしゃいました。

浴衣の方もいらっしゃいましたよ。

和文化に着物で。
そういう楽しみ方がどんどん広がると嬉しいですね!!

Fotor_153304581666256.jpg

夏の着物 小千谷縮 山口市 おかふじ呉服店

|
 今年はいつもの年より早く夏がやってきましたね!

そして既にめっちゃ暑い!!

完全夏バージョンの今日の私の着物スタイルは

麻の小千谷縮に半巾帯を締めています。

着物は脇が開いていて通気性がよく、見た目よりも体感は涼しいのです。

気温が高くても風がある日は洋服よりも涼しく感じられるんですよ。

それと、麻は一番涼しい!


帯締めに通しているのはスワロフスキービーズの帯留めです。

このような小物でも涼しさを演出して夏の装い楽しんでまーす!


20130712_113851_edit0.jpg

さて、お店では、

反物でお買い上げいただいた浴衣が次々と仕立て上がってきています。

和裁士さんが頑張って縫ってくださっています!

感謝です。


今年は、中学生、高校生や大学生といった若い方だけでなく、

自分の為に浴衣を買いに来られる大人の女性が多いんですよ。

「浴衣を着て集まって食事会をするのよ。」そんな楽しいお話も時々お聞きします。

みなさん、浴衣を着ることを楽しんでいらっしゃるんですね!嬉しいです。


私の参加している着物サークル(やまぐち着物愛好会)が企画して、

浴衣か夏着物で行きませんか?と参加を募集した着物ビューティ展鑑賞ツアー

45人もの女性が申し込みをしてくださりバスのお席が満席になりました!(ありがとうございます!!)

今や、浴衣は夏のファッションの一つとして捉えられているんです。

どんどん着てください!



祇園祭、ちょうちん祭りと、山口市内にもうすぐ夏祭りのシーズンがやってきます。

ぜひ、ちょっと小粋に、大人も浴衣で祭りに繰り出してくださいね。



山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。