山口で着物を楽しもうでタグ「男の着物」が付けられているもの

男性の着物 山口市 おかふじ呉服店

|
今日は、男性の着物姿をご紹介します!

着ているのは主人なんですが、
この写真を見ながら簡単に、男性の着物について説明しようと思います。


写真では、結城紬の着物に、御召の羽織、博多織の角帯を締めています。


20120108_233412.jpg


男性の着物は、女性と異なっておはしょりがありません。
ちょうどよい丈に初めから仕立ててあるのです。・・・つい丈と呼びます。

ですから、体に巻くだけで着用できます。女性より簡単です。

その上に帯を締めるんですが、(貝の口、片ばさみなどの結び方があります)
前で結んだ後、結び目を後ろに回します。



お出かけには着物の上に羽織を着ます。

黒紋付きのような正装の着物は別にして、
このようなカジュアルな着物の場合、着物と羽織の生地はお揃いでも、お揃いでなくてもいいのです。
お揃いの着物と羽織のセットのことは、アンサンブルとか、お対(おついと読む)などと呼びます。
写真の結城紬の着物にもお揃いの羽織がありますが、この日はあえて、違う柄の羽織と合わせて着ています。

着物と羽織のアンサンブル 一組
単品で着物   一枚
単品で羽織   一枚         これだけで羽織と着物の組み合わせが4通り
                       楽しめますね。


羽織に羽織紐をつけて着物姿完成です。

男性の着物姿もいいものですよ。






男性の着物 山口市 おかふじ呉服店

|

女性と同じように、このごろ、着物好きの男性が増えてきています。

飲みに出かける時は着物を着て出る。と、おっしゃるご主人もいらっしゃるんですよ。

嬉しいことです!

これまで、当店では男性の着物といえば大島紬のお対くらいしか取り扱っていませんでしたが、

お客様のご要望もあって、男性物の着物もすこしずつ仕入れていこうと思いますので

どうぞ、ご利用くださいませ!!

ご意見も是非、お願いします。

IMG_0737.jpg

写真は、入荷しました紬の無地の着物地と、博多織の角帯です。

この色の帯は紺色の着物にも良く合うので便利です。

 

 

 

 

さて、次に、私の着物コーデをご紹介。

20111031_122820.jpg

珍しく柄の半衿をつけてます。

母から譲られたけれど着れなかった着物からとった生地を半衿に利用したんですよ。

衿を白でないものにすると、ぐっとカジュアルな印象になります。

楽しいですね。

 

着物のことなら 山口市西門前商店街 呉服処おかふじ

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。