山口で着物を楽しもうでタグ「茶席の着物」が付けられているもの

可愛い帯留め入荷しました 山口市 おかふじ呉服店

|

IMG_6722.JPG

猫やブドウ、瓢箪など、可愛い帯留めが入荷しました。

今までも、仕入れるたびにすぐに完売していた人気の芸艸堂の帯留めです。

芸艸堂の商品は明治期ごろから昭和初期までの絵や図案がデザインの元になっているので

レトロで可愛いのです。

写真のように三分紐に通して使うこともできますが、

この帯留めの金具は帯締めに挟めるタイプなので

細い三分紐に通さなくてすむので使いやすいですよ。

いずれも2800円(税別)、ぜひ店頭に見に来てくださいね。


大人女子にむけて、落ち着いた濃い色の小紋も入荷しました。

おしゃれな博多帯と合わせてディスプレイしています。

IMG_6714.JPG

IMG_6717.JPG

茶道のお稽古やお出かけにいかがですか?

皆様のご来店をおまちしております!!

着物を着てみたい、着付けを習ってみたい、そんなご相談もお気軽にどうぞ。

着物スタイルいろいろ 山口市 おかふじ呉服店

|

つい先日まで暑い暑いと言っていたのに、

季節が進み、ぐっと秋が深まってきましたね。

着物を着ても汗をかかないこの時期こそ、

着物生活を楽しむのに丁度いい。

今日は、世間の着物ブロガーさんのように、

私の着物スタイルを解説してみようと思います。

先日のお店での着物スタイルです。

お店ではたいてい、紬の着物に半巾帯を締めています。

立ったり、座ったり、階段を上がったり下りたりと、

よく動くので丈夫な紬が便利なのです。

この格好で仕事帰りにスーパーマーケットに買い物も行きます!

写真の着物は米沢紬という織物で、

着ると暖かいので、さすが寒い地域の織物だなあと感じます。

DSC_0765.jpg


次は、先日、京都に出かけたときのスタイルです。

お客様と工房見学したり、お寺巡りをしたりの旅でしたので、

少し華やかにしたくて小紋の着物にしました。

紅葉した葉っぱが描かれた帯を合わせ、

季節感を楽しむ秋モードのコーディネイトです。

(2年前のちっちゃなお茶会のときもこのスタイルだったと思います。)

外を歩くときはこの上に羽織を羽織っていました。

DSC_0680.jpg


3枚目の写真は、

先日、野田神社緑庵のお茶会に行った時のスタイルです。

緑庵が出来て50周年記念のお茶会でしたので、

お祝いの気持ちを込めて、

ピンクの江戸小紋の着物に

袋帯を合わせ、少し改まった装いにしました。

DSC_06651.jpg

それぞれ、目的が異なると、

着物の素材や帯も変わる、

そんな3通りの着物スタイルをご紹介しましたが、

楽しんでいただけましたか?

★岡藤呉服店のインスタグラムも随時更新中、ぜひ見てくださいね。

アカウントはkimono_okafujiです。

名物裂コレクション 開催します! 山口市 おかふじ呉服店

|

 名物裂・・・めいぶつぎれ と読みます。

名物裂とは、鎌倉時代から江戸時代にかけて中国から伝来した織物の中で

最高級のものを名物裂と呼んで珍重したことが始まりだとか。

貴人、茶人に愛され、

利休緞子(りきゅうどんす)のように、茶人の名前の付いたものもあり、

大切に伝えられている布の宝物です。


このたび、名物裂コレクションと題した企画展を開催します。

その名物裂の研究家でいらっしゃる

岡本宏祐氏を当店にお招きし、

名物裂の歴史や、いわれ、

その魅力についてお話していただく機会を設けることになりました!!!!
興味深いお話が伺えそうです。

ぜひ、聞きにきてくださいね。

ご予約不要です。

名物裂には

金襴、間道、錦、緞子などの織物があり、

もともと伝来したものだった裂地ですが、

その後国内でも織られるようになり、

近世は、女性の帯としても活用されています。

名物裂コレクションの2日間では、

お茶席の着物や、

紬の着物にも合わせやすい、

帯や、

着物スタイルにぴったりのバッグも多数用意しております。

当店にて、

ぜひ、手に取ってご覧になってくださいませ。

DSCN3235.JPG

4-kaban-030.JPG

  (写真は商品の一例です)

岡本宏祐氏は、名物裂のお話のほか、

古い裂地の鑑定(布の種類、文様のいわれなど)も

してくださいますので、

お手持ちの袱紗などで、よくわからないものがありましたら、

ぜひ、お持ちください。

説明してくださいますよ!

この機会をぜひご利用くださいませ!

名物裂コレクション  

日時 2017年 1月22日(日)、23日(月)  

    10時から18時まで

場所 岡藤呉服店 山口店 店内にて 

      山口市下竪小路103?1


駐車スペースは店舗横、2台分ありますが

満車の際は、商店街有料駐車場をご利用ください。

無料駐車券をお渡しいたします。

洗える着物、東レ「シルック」 山口市 おかふじ呉服店

|

 自宅で洗えるのが便利なポリエステルの着物。

最近、お求めになるお客様が増えました。

ポリエステルの着物の中でも、東レのシルックのものが

デザインも良く、人気があります。

当店には、茶道を習っていらっしゃるお客様からのご要望が多いので、

仕入れる際には、上品な小紋柄のものを選んで仕入れるように心がけています。

先日、仕入れた4反のシルック小紋をご紹介しますね。

IMG_4425.JPG

左 グレーピンク 葵模様の小紋  18,000円

右 薄いブルーグレー 丸い花紋の小紋 27,000円 (2反とも反物価格 税抜)

下の画像は薄いグレーの小紋の模様部分をアップにしたものなんですが、

手描き風にぼかした色付けが良い感じです。

IMG_4427.JPG



IMG_4432.JPG

薄ピンク 七宝つなぎ模様の小紋  32,000 円(反物価格 税抜)

IMG_4428.JPG

あずき色 切りばめ柄江戸小紋  27,000円 (反物価格 税抜)

お仕立ては当店の和裁士による手縫い仕立て、

又は、海外縫製のミシン仕立て(日にちはかかりますが仕立て代は安いです)

どちらも承っております。

汗をかく時期の和のお稽古に、

イベントのお手伝いに、

汗をかいても、汚れても自宅で洗える着物は

用意して便利ですよ。

ぜひ、当店にご相談くださいね。

単衣のやわらかものに合います、上品な名古屋帯。 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
5月も後半になりましたね。

袷の着物(裏地がついている)を着るのが暑くなってきて、

そろそろ単衣の着物に衣替えの季節です。

少し早目ですが、私も今週から、単衣の着物を着てお店に出ています。

紬の単衣に、名古屋帯や、半巾帯を締めると体が軽く、動きやすいです!




さて、5月、6月は、お茶会やお茶の講習会がよく開催される時期ですね。

私自身、この時期のお茶会に何を着て行くか、毎回、悩むところですが、

単衣の着物を着たときに、どんな帯を締めたらいいの?と、よくお客様からもご相談をお受けします。

暑くなってきてるのに、ぶ厚い生地の袋帯を、出来ることなら締めたくない。と思われるのは当然ですよね。


でも、ルールを重んじるお茶の世界です。

お茶席の亭主側など、役割上、訪問着や色留袖を着なければならない場合は、

着物と格を合わせて袋帯を締めるべきと思います。


しかし、研究会に参加するだけとか、大寄せのお茶会でにお客として参加するだけの場合など

着る着物が色無地や小紋で済む場合には

デザインによっては名古屋帯でもいいのではないでしょうか?


お店には、そんなおすすめの名古屋帯が入荷したのでご紹介しますね。


IMG_1145.JPG

ピンクの色無地に白の亀甲唐草に花模様の名古屋帯。


IMG_1147.JPG

うす紫色の江戸小紋に七宝つなぎ模様の名古屋帯。


これらの帯の柄は、袋帯にも使われる礼装向きの柄なので、
とても改まって見えますよ。




お店には色と柄違いで下の写真の3本が入荷していますので、

是非、お店で手に取って見ていただけると幸いです。


IMG_114311.jpg


ご来店お待ちしています!


着物のことなら

山口市 西門前商店街 呉服処おかふじ


夏着物、絽綴れ帯と合わせて 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|

IMG_2843.JPG

茶道を習っていらっしゃるお客様が 

夏場のお稽古用にと、当店で選んでくださったお着物と帯が

仕立て上がって参りました。

 

ここで、紹介させていただきますね。

 

透ける絽の生地の江戸小紋と、白地の絽のつづれ帯、

帯締めと帯揚げは、地味な印象になりすぎないようにピンク系の

暖色をお選びになって、優しい印象のコーディネイトになさいました。

 

このような無地調の小紋なら、帯や、帯締め、帯揚げを替えることで

色々な雰囲気を楽しむことができますね。

 

M様、お買い上げいただきまして、ありがとうございました!!

06.jpgのサムネール画像のサムネール画像

着物のことなら

山口市 おかふじ呉服店-山口県/山口市/きもの/着物/呉服/振袖/帯/和装小物 

上野街子作 訪問着 山口県 山口市 おかふじ呉服店

|
商品名: 上野街子 訪問着

 やっと暖かくなってきて、山口市の中心部では

ソメイヨシノが満開の見頃を迎えました。

 

そんな桜の花を連想する淡いピンク色が印象的な

上野街子さん作の訪問着が入荷いたしました。

245600.jpg

IMG_2457.JPG

淡いピンク色と、乳白色の二色の地色が、ふわっと優しく

温かみを感じる着物ですね。

 

京友禅作家 上野街子さんの着物は女性らしい優しさにあふれていて

大変人気があり、私も大好きです。

 

ぜひ、店内でご覧ください。ご来店お待ちしております。

 

着物のことなら

山口市 おかふじ呉服店-山口県/山口市/きもの/着物/呉服/振袖/帯/和装小物
  

山口県 山口市 おかふじ呉服店ホームページ

月別 アーカイブ

ウェブページ

タグ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。